できたての本 in stores now!HOMEへ

[前のページへ] [1] [2] [3] [次のページへ]
  
形式語研究の現在
表紙 形式語(転成形式)を対象とする、現代日本語文法・コーパス言語学・対照研究など最新の研究成果を収めた、日本語文法研究の必読書。
定価(税込):¥14,040
藤田保幸/山崎 誠(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0876-4 C3381
相互行為におけるディスコーダンス
表紙 不一致・不調和・葛藤を意味するメタ概念「ディスコーダンス」を新たな尺度として提案し、言語人類学の視点から協調・調和ではないコミュニケーションのあり方を探る。
定価(税込):¥3,456
武黒麻紀子(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-920-5 C3080
歴史語用論の方法
表紙 近年で大きな広がりを見せている「歴史語用論」の分野において、日本語・英語・ドイツ語・ネワール語の各テーマからその方法論を描き出す。「歴史語用論」の未来を拓く1冊。
定価(税込):¥3,888
高田博行/小野寺典子/青木博史(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-885-7 C3080
学びのエクササイズ子どもの発達とことば
表紙 家庭内での会話や学校での授業など、0歳から18歳までの子どもが出会う多様な社会的場面で起こるコミュニケーションから、言語発達過程にひとつの筋道を読み解く。
定価(税込):¥1,728
伊藤崇(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-855-0 C1011
感性の方言学
表紙 「ジェジェジェ」「ノロラノロラ」など、方言はオノマトペや感動詞など感性の言葉の宝庫である。それを生み出す機構や発想の地域差にも着目しながら明らかにしていく論文集。
定価(税込):¥5,616
小林隆(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-898-7 C3080
コミュニケーションの方言学
表紙 方言をことばの違いだけでなく、大きくコミュニケーションのあり方の地域差として、現代語や日本語史の専門家も加わり捉え直していく新しい方言研究を切り拓く書。
定価(税込):¥6,264
小林隆(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-897-0 C3080
中国語を歩く〈パート3〉
表紙 長きにわたり中国語を見つめてきた著者による語学エッセイ集第3弾。中国の街角で出会う漢字を追いかけ、語彙や文法的側面から分析。言葉の背景にある文化や習慣にも言及し、日々進化する中国語を読み解く。
定価(税込):¥2,160
荒川清秀(著)
東方書店   ISBN 978-4-497-21802-5 C0387
言語文化の中世
表紙 中世におけるさまざまな表現の営為とそれを支える言語(言語資料)・言語意識を考察した、最新の研究成果を集成。
定価(税込):¥10,800
藤田保幸(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0875-7 C3395
司馬さん、みつけました。
表紙 司馬遼太郎の既刊本未収録の文業に、知友や仕事をめぐる逸話を交え、その風貌姿勢の一端を軽妙に再現する異色の司馬遼太郎追想記。
定価(税込):¥2,160
山野博史(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0874-0 C1395
国語語彙史の研究三十七
表紙 国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも積極的に取り組んだ論文集。特集は文法と語彙。
定価(税込):¥10,800
国語語彙史研究会(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0868-9 C3381
中世の戦乱と文学
表紙 『平家物語』『承久記』、室町・戦国軍記に関する二十八本の論文を収める。後期軍記研究の第一人者であった著者の遺稿集。
定価(税込):¥14,040
松林靖明(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0872-6 C3395
Lexical Pragmatics
表紙 英語コミュニケーション能力をいかに育てるか。語用論・ポライトネス(待遇表現)からの知見に基づく、日本人学習者のための新しいコミュニケーション教育理論を提唱する。
定価(税込):¥11,880
川村晶彦(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-903-8 C3080
ロシア語学とロシア語教育の諸相
表紙 アスペクトなどの文法から、語彙や文字の学習を含めた種々の問題に新たな視座を与える。さらにソヴィエト言語学の外国語教育や、ロシア語と少数民族言語の関係にも言及する。
定価(税込):¥6,480
堤正典(編)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-911-3 C3080
現代日本語における分析的な構造をもつ派生動詞
表紙 「してある」「しておく」「してしまう」について従来の形態論的な変化ではなく補助的動詞の組み合わせによる派生動詞とし、アスペクトから除外されるこれらを位置づける。
定価(税込):¥7,128
迫田幸栄(著)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-909-0 C3080
関西弁事典
表紙 関西弁の全容を示す初の総合的な解説書であり、多彩な項目立てで関西弁の姿を解き明かす本格的な事典。学術的な記述を含みつつ、誰もが手軽に利用できる1冊。
定価(税込):¥6,696
真田信治(監修)
ひつじ書房   ISBN 978-4-89476-848-2 C0580
[前のページへ] [1] [2] [3] [次のページへ]

このページのトップへ