書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 老のくりごと
著者名 : 島津忠夫
発売日 : 2017年9月26日
定価(税込) : ¥2,700
ISBN : 978-4-7576-0802-3
学界の第一人者であった著者が日本文学の様々を語る珠玉のエッセイ集。宗因から村上春樹まで時代・ジャンルを問わない百篇を収録。
表紙 義太夫年表 昭和篇 第四巻
著者名 : 国立文楽劇場義太夫年表昭和篇刊行委員会
発売日 : 2017年9月26日
定価(税込) : ¥20,520
ISBN : 9784757608498
昭和の人形浄瑠璃文楽の記録を集成した待望の書。特色として太夫、三味線、人形の役割をできるだけ演目ごと、段ごとに表記する。
表紙 木簡と宣命の国語学的研究
著者名 : 小谷博泰
発売日 : 2017年9月21日
定価(税込) : ¥12,960
ISBN : 978-4-7576-0845-0
上代における漢字仮名交じり文としての宣命に関して、文章史における位置づけや、万葉集との関係、表記や語法についての分析を行う。
表紙 歌のおこない
著者名 : 影山尚之
発売日 : 2017年8月25日
定価(税込) : ¥9,720
ISBN : 978-4-7576-0847-4
歌という格別な様式に表現者は何を託そうとしたのか。萬葉集歌を中心に古事記歌謡等を視野に収めつつ歌のもつ様式性や規則性を究明。
表紙 季語の博物誌
著者名 : 工藤力男
発売日 : 2017年7月27日
定価(税込) : ¥1,728
ISBN : 978-4-7576-0844-3
江戸時代から昭和期まで、700余りの名句・佳吟を味わいながら、季語をめぐって和の心を考え、日本語について楽しく学ぶ366日。
表紙 日本古代の氏族と宗教 日野昭論文集II
著者名 : 日野昭
発売日 : 2017年7月21日
定価(税込) : ¥3,996
ISBN : 978-4-7576-0840-5
『記』・『紀』神話、神武天皇伝承、物部氏の宗教、聖徳太子の信仰世界、白鳳仏教、『天皇記』・『国記』や蘇我氏などの卓論を収録。
表紙 太宰治研究25
著者名 : 山内祥史
発売日 : 2017年6月19日
定価(税込) : ¥7,560
ISBN : 978-4-7576-0842-9
晦渋で難解な作品とされる『虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ』『二十世紀旗手』収載作品に積極果敢に挑んだ論考を含む力作19篇を収録。
表紙 私の古典文学研究
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2017年6月13日
定価(税込) : ¥2,700
ISBN : 978-4-7576-0841-2
ながきにわたり我国の古典文学研究の第一線を走り続けた著者による、若き古典文学研究者へ贈る珠玉の研究論文10編と随想集3編。
表紙 大阪の俳人たち7
著者名 : 大阪俳句史研究会
発売日 : 2017年6月10日
定価(税込) : ¥2,808
ISBN : 978-4-7576-0839-9
対象俳人を最もよく知る執筆者が、新資料やエピソードを豊富に用い、大阪で活躍した俳人の《人と作品》を浮き彫りにした。
表紙 親友が語る手塚治虫の少年時代
著者名 : 田浦紀子/高坂史章
発売日 : 2017年5月12日
定価(税込) : ¥1,890
ISBN : 978-4-7576-0833-7
漫画界のパイオニアは、いかにして育まれたのか。 あの戦争の時代を共に過ごした同級生たちが語る手塚治虫の少年時代。
表紙 古代日本語をよむ
著者名 : 奥村悦三
発売日 : 2017年5月10日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-7576-0838-2
文字をもたない日本人が自分たちの言葉を書き始めた時どのようなことが起きたのか。様々な資料を具体的に検討する古代語の入門書。
表紙 古代地名の国語学的研究
著者名 : 蜂矢真郷
発売日 : 2017年4月25日
定価(税込) : ¥11,340
ISBN : 978-4-7576-0832-0
平安中期初めの和名抄・廿巻本に見える地名を中心に、上代の風土記などの地名を合わせ、主に文字・表記の面から古代の地名を考察。
表紙 『源氏物語』放談
著者名 : 島津忠夫
発売日 : 2017年4月16日
定価(税込) : ¥3,996
ISBN : 978-4-7576-0835-1
『源氏物語』のいくつかの巻は紫式部工房での競作に成るのでは?紫式部の執筆環境に目を向け「伏線」「芽」という視点で真相に迫る。
表紙 国語語彙史の研究三十六
著者名 : 国語語彙史研究会
発売日 : 2017年3月31日
定価(税込) : ¥10,800
ISBN : 978-4-7576-0837-5
国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも積極的に取り組んだ論文集。小特集はオノマトペ。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ