書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 伊藤正義中世文華論集 第五巻 中世文華とその資料(上)
著者名 : 伊藤正義
発売日 : 2020年9月7日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0960-0
著者が生涯を通じて取り組んだ文献調査・文献研究から生まれた成果。能を中心とした貴重資料の翻刻と解題を集成。
表紙 昔話の構造
著者名 : 野林正路
発売日 : 2020年8月19日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-7576-0962-4
著者が提唱し続けた「構成意味論」研究の集大成。「図式語彙」を手掛かりに、佐渡に伝わる昔話「鶴女房」の解釈学を展開。
表紙 新訂吾妻鏡四
著者名 : 高橋秀樹
発売日 : 2020年7月18日
定価(税込) : ¥4,730
ISBN : 9784757609532
鎌倉時代最重要史料の最良の活字本テキスト。最善本の吉川本を底本に他本と校訂し、記事の概要や校異等の注記を加えた。人名索引付。
表紙 古浄瑠璃・説経研究
著者名 : 阪口弘之
発売日 : 2020年6月18日
定価(税込) : ¥14,300
ISBN : 978-4-7576-0957-0
《下巻 近世都市芝居事情》東西興行界の交流動向、それに牽引される義太夫や近松らの境涯、更にその作品定位や正本刊行事情をめぐり、通説の更新に迫る。
表紙 古浄瑠璃・説経研究
著者名 : 阪口弘之
発売日 : 2020年6月18日
定価(税込) : ¥13,200
ISBN : 978-4-7576-0956-3
《上巻 街道の語り物》街道論という斬新な方法論が、高野や四天王寺伝承、更には築島、蝉丸伝承などを鮮やかに解きほぐし、学界論議の根底を刺激する。
表紙 良寛詩歌の研究
著者名 : 上芝令子
発売日 : 2020年6月5日
定価(税込) : ¥9,900
ISBN : 978-4-7576-0959-4
良寛の作品の素材をとりあげ、詩語、詩句に対して調査、検討し、中国古典詩を周到かつ的確に踏まえたものである事を明らかにした。
表紙 近代戦争文学事典 第十四輯
著者名 : 矢野貫一
発売日 : 2020年4月30日
定価(税込) : ¥10,450
ISBN : 978-4-7576-0941-9
戦争文学および周辺の文献を明治より出版年代順に配列。書誌、内容を録し、論評を加える。各輯に書名作品名・著者編者名索引付。 これにて全十四輯完結致しました。 ※一輯、四〜六輯は品切です。
表紙 難波宮と大化改新
著者名 : 大阪市立大学難波宮研究会 編集
発売日 : 2020年4月22日
定価(税込) : ¥7,920
ISBN : 978-4-7576-0952-5
難波宮は大化改新を実施した日本初の宮城である。本書は難波宮と大化改新を一体的に把えることを試みた、最先端の研究を収録する。
表紙 日本語文法の原理と教育
著者名 : 小谷博泰
発売日 : 2020年4月22日
定価(税込) : ¥7,700
ISBN : 9784757609587
「主語」と非言語認識の問題の把握、小説などの関西方言の検証、日本語の教育の実践的な考察を行う。著作集刊行にあたり6論文増補。
表紙 国語語彙史の研究 三十九
著者名 : 国語語彙史研究会
発売日 : 2020年4月15日
定価(税込) : ¥9,900
ISBN : 978-4-7576-0954-9
国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも積極的に取り組んだ論文集。特集は新資料・新領域。
表紙 源氏物語 本文研究の可能性
著者名 : 中古文学会関西部会
発売日 : 2020年4月9日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-7576-0955-6
2014年11月15日に行われたシンポジウム「源氏物語 本文研究の可能性」の成果。多様な観点から今後の研究の可能性を探る。
表紙 新作浄るり めをと山賊
著者名 : 神戸女子大学古典芸能研究センター
発売日 : 2020年4月7日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 978-4-7576-0951-8
食満南北作の未発表歌舞伎脚本『めをと山賊』、菊池寛原作南北浄瑠璃化『恩讐の彼方に』の床本と南北筆の演劇関係軸物二種を収める。
表紙 日本古代の思想と天皇
著者名 : 水谷千秋
発売日 : 2020年4月7日
定価(税込) : ¥9,350
ISBN : 978-4-7576-0947-1
神話に基づく皇孫思想と儒教、仏教が如何にして国家のイデオロギーとなったのか。『記紀』の分析を通じて古代思想史の核心に迫る。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ