書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 近代戦争文学事典 第十四輯
著者名 : 矢野貫一
発売日 : 2020年4月24日
定価(税込) : ¥10,450
ISBN : 978-4-7576-0941-9
戦争文学および周辺の文献を明治より出版年代順に配列。書誌、内容を録し、論評を加える。各輯に書名作品名・著者編者名索引付。 これにて全十四輯完結致しました。 ※一輯、四〜六輯は品切です。
表紙 日本語文法の原理と教育
著者名 : 小谷博泰
発売日 : 2020年4月24日
定価(税込) : ¥7,700
ISBN : 9784757609587
「主語」と非言語認識の問題の把握、小説などの関西方言の検証、日本語の教育の実践的な考察を行う。著作集刊行にあたり6論文増補。
表紙 難波宮と大化改新
著者名 : 大阪市立大学難波宮研究会 編集
発売日 : 2020年4月20日
定価(税込) : ¥7,920
ISBN : 978-4-7576-0952-5
難波宮は大化改新を実施した日本初の宮城である。本書は難波宮と大化改新を一体的に把えることを試みた、最先端の研究を収録する。
表紙 国語語彙史の研究 三十九
著者名 : 国語語彙史研究会
発売日 : 2020年4月15日
定価(税込) : ¥9,900
ISBN : 978-4-7576-0954-9
国語語彙史研究の体系化と共に、語彙史研究の新たな方法論や隣接分野との関わりにも積極的に取り組んだ論文集。特集は新資料・新領域。
表紙 源氏物語 本文研究の可能性
著者名 : 中古文学会関西部会
発売日 : 2020年4月9日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-7576-0955-6
2014年11月15日に行われたシンポジウム「源氏物語 本文研究の可能性」の成果。多様な観点から今後の研究の可能性を探る。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ