書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [2] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 聞き手行動のコミュニケーション学
著者名 : 村田和代
発売日 : 2018年12月12日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-935-9
コミュニケーションにおける聞き手行動に着目し、聞き手の在り方や貢献を多様なアプローチから分析。日常会話から漫才まで、話し手の陰におかれてきた聞き手に光をあてる。
表紙 中国現代文学 20
著者名 : 中国現代文学翻訳会
発売日 : 2018年11月30日
定価(税込) : ¥2,160
ISBN : 978-4-89476-968-7
現代中国の文学作品を翻訳・紹介する『中国現代文学』の第20号。蘇童「十九房間」、李文方「パッシェンカおばさんとその小さな店」、残雪「インスピレーション」などを掲載。
表紙 フランス語を母語とする日本語学習者の誤用から考える
著者名 : 大島弘子
発売日 : 2018年11月21日
定価(税込) : ¥4,536
ISBN : 978-4-89476-925-0
フランス語を母語とする日本語学習者が出会う困難、誤用を観点に、フランスと日本、それぞれで日本語を教える研究者が分析を行う。すべての日本語教育に関わる方に有益。
表紙 批判的談話研究をはじめる
著者名 : 名嶋義直
発売日 : 2018年11月15日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-927-4
政治家の言説・沖縄米軍基地に関する言説・萌えキャラに関する言説・原発に関する言説を分析した批判的談話研究。日本語教育への応用や市民性教育への展開を試みている。
表紙 日本で生まれ育つ外国人の子どもの日本語力の盲点
著者名 : 西川朋美/青木由香
発売日 : 2018年11月8日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-928-1
日本で生まれ育ち、学校に通う外国ルーツの子どもたちが、普段の会話では何不自由なく話しているのに、意外と簡単な日本語を知らないことがある。その実態を明らかにする。
表紙 コミュニケーションテクスト分析
著者名 : ドミニク・マングノー
発売日 : 2018年10月29日
定価(税込) : ¥3,780
ISBN : 978-4-89476-884-0
広告、雑誌・新聞などのテクストに焦点をあて、記号学的分析から一歩進んだ最新のフランスの言説分析の方法論を紹介。学際的分野としてのメディア言説分析方法論の手引書。
表紙 日本語文法史研究 4
著者名 : 青木博史/小柳智一/吉田永弘
発売日 : 2018年10月22日
定価(税込) : ¥4,320
ISBN : 978-4-89476-899-4
日本語文法の歴史的研究の成果を掲載する隔年刊行のシリーズ第4号。研究手法や時代、テーマを問わず、若手から中堅、ベテランまで幅広い研究者による最新の研究が交流する。
表紙 英語コーパス研究シリーズ 第3巻
著者名 : 堀正広・赤野一郎
発売日 : 2018年10月3日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-713-3
コーパス研究の過去・現在・未来を一望する「英語コーパス研究」シリーズ第3巻。本巻では辞書編纂の歴史を概観し、コーパスが辞書編纂にどのように寄与してきたかを論じる。
表紙 方言の研究 4
著者名 : 日本方言研究会
発売日 : 2018年9月30日
定価(税込) : ¥5,400
ISBN : 978-4-89476-943-4
方言研究のネットワークを深化させるために、他の研究分野との交流や、研究方法の交流が盛んに行われてきた。4号では、各交流における具体的な研究を紹介し、その実態に迫る。
表紙 話し合い研究の多様性を考える
著者名 : 村田和代
発売日 : 2018年9月20日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-929-8
「シリーズ 話し合い学をつくる」2巻。言語・心理・政治学等からの報告を通し「共創」を実現するための「話し合い」のモデルと、それを基調とする社会・政策のあり方を探求。
表紙 会話分析の広がり
著者名 : 平本毅/横森大輔/増田将伸
発売日 : 2018年9月18日
定価(税込) : ¥3,888
ISBN : 978-4-89476-853-6
近年めざましい広がりを見せている会話分析研究。注目される新たな研究主題のトピックを取り上げ、その展開を具体的な分析事例ともに概説し、会話分析の向かう先を展望する。
表紙 社会言語科学の源流を追う
著者名 : 横山詔一/杉戸清樹/佐藤和之
発売日 : 2018年9月18日
定価(税込) : ¥4,212
ISBN : 978-4-89476-931-1
鶴岡調査ほか社会言語科学の源流となる調査研究と、「やさしい日本語」をはじめとする新しい流れの研究活動。双方の概要のほか、調査の実際やデータ解析についても解説。
表紙 アスペクト論
著者名 : ユーリー・S・マスロフ
発売日 : 2018年9月13日
定価(税込) : ¥10,800
ISBN : 978-4-89476-721-8
本書のアスペクト・カテゴリーの基本枠組み、緻密な考察は、アスペクト研究の流れを決定づけた。多くの論者によって引用されてきた現代アスペクト研究史における金字塔の全訳。
表紙 技能を統合した英語学習のすすめ
著者名 : 中森誉之
発売日 : 2018年9月7日
定価(税込) : ¥2,592
ISBN : 978-4-89476-924-3
小学校から高等学校まで、学習者の発達に合わせた指導のために各段階で「してはいけないこと、するべきこと」を最新の言語習得理論や学校教育臨床研究の知見を踏まえて示す。
表紙 認知言語学論考 No.14
著者名 : 山梨正明
発売日 : 2018年8月30日
定価(税込) : ¥10,584
ISBN : 978-4-89476-895-6
認知言語学の最先端の論文を継続的に掲載するシリーズ第14巻。国内外の第一線の研究者の論文を掲載し、多岐にわたる認知言語学や関連する言語学の最新研究成果が交流する。
表紙 多職種チームで展示をつくる
著者名 : 高梨克也
発売日 : 2018年8月20日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-89476-731-7
職能の異なるメンバーのチームが展示を制作する際、どのように様々な困難を乗り越えていくのか。懸念による問題提起や、表象を利用した問題の共有や解決について分析する。
表紙 初級韓国語学習者の学習態度の変容に関する研究
著者名 : 齊藤良子
発売日 : 2018年8月10日
定価(税込) : ¥7,344
ISBN : 978-4-89476-879-6
日本人初級韓国語学習者の学習過程における変化を統計分析を用いて実証的に明らかにした。語学学習全般が学習者に与える影響を考えるにあたり、有益かつ豊富なデータを提示。
表紙 日本の外国語教育政策史
著者名 : 江利川春雄
発売日 : 2018年8月8日
定価(税込) : ¥8,856
ISBN : 978-4-89476-933-5
日本の外国語教育政策を、実践と関連づけながら通史的に考察。政策の策定過程と結果を検証し、改善すべき問題点を提言する。外国語教育政策史年表、主要な政策文書も収録。
表紙 地域・ことばの生態
著者名 : 真田信治
発売日 : 2018年7月29日
定価(税込) : ¥1,728
ISBN : 978-4-89476-916-8
方言と標準語という単なる二項対立ではない、地域差を含んだ社会差、機能差などのさまざまに絡み合った日本語のバリエーションに注目した選りすぐりの論稿15本を収録。
表紙 接続表現の多義性に関する日韓対照研究
著者名 : 池玟京
発売日 : 2018年7月27日
定価(税込) : ¥5,616
ISBN : 978-4-89476-934-2
韓国語の接続表現「neunde」と日本語「kedo」の多義性に注目し、使い分けと対応関係を分類。一般性のある複文分析の枠組みとして活用可能な分類基準を提案する。
[前のページへ] [1] [2] [次のページへ]

このページのトップへ