書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 奥義抄古鈔本集成
著者名 : 藏中さやか/黒田彰子/中村文
発売日 : 2020年2月20日
定価(税込) : ¥19,800
ISBN : 978-4-7576-0948-8
平安後期の歌人藤原清輔の『奥義抄』は六条藤家歌学の重要な歌学書。古態を残す鎌倉・室町期書写の伝本を含む、全十一本を翻刻。
表紙 大学生のための日本語表現実践ノート
著者名 : 山上登志美
発売日 : 2005年4月15日
定価(税込) : ¥1,155
ISBN : 978-4-7599-1502-0
日本語表現力アップを目的とする書き込み式ワークブック。読む・書く・話すの三つのポイントを学ぶほか、マメ知識・コラム等を付す。就職活動やビジネスにも最適。
表紙 仏教文学概説
著者名 : 黒田彰/黒田彰子
発売日 : 2004年4月1日
定価(税込) : ¥2,530
ISBN : 978-4-7576-0253-3
仏教文学を通史的に学べる良質な入門書。上代から中世に至る文学作品について、時代別ジャンル別に解説。
表紙 俊成論のために
著者名 : 黒田彰子
発売日 : 2003年5月1日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-7576-0206-9
本書は、中世和歌の方向性を模索し続けた藤原俊成に焦点を絞り考察したものである。その際、俊成を取り巻く平安最末期の歌壇状況を、藤原教長を対置することにより、浮かび上がらせようと試み、また俊成の薫陶を受けた後鳥羽院の和歌活動の一端を、それを支えた官人長房像を通じてたどろうとした。
表紙 漱石と子規・漱石と修
著者名 : 中村文雄
発売日 : 2002年12月1日
定価(税込) : ¥3,520
ISBN : 978-4-7576-0185-7
子規との交友を通して作家漱石の誕生をたどり、平出修との関係において、漱石が明治の時代性とどう関わっていたかを検証する。特に大逆事件に焦点を当て、修の弁論や被告等の書簡、裁判史資料と、漱石を初めとする文学者の反応を丹念に追尋し、漱石と大逆事件の関わりを闡明。巻末には人名索引を付す。
表紙 中世和歌論攷
著者名 : 黒田彰子
発売日 : 1997年1月1日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-87088-861-6
本書は、新古今集に焦点をあて、歌壇史研究及び歌学研究の両面から考察、和歌が説話をはじめ他領域の作品と不可分であることの自覚に立ちつつ、なおその学としての自立性を探りたいとの意図のもとに書かれたものである。
表紙 「君死にたまふこと勿れ」
著者名 : 中村文雄
発売日 : 1993年1月1日
定価(税込) : ¥2,670
ISBN : 978-4-87088-627-8
日露戦時の中で真実を詠った「君死にたまふこと勿れ」によって非国民・反戦的人道主義者などの評価を受けた与謝野晶子。本書は、この詩の原点や出典あるいは成立にいたる晶子の思想や社会的背景、発表後の反響や論争などをより深く考察する。
表紙 上野本 和歌色葉 
著者名 : 黒田彰子
発売日 : 1985年1月1日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-87088-161-7
一本は中巻のみながら現存最古の書写奥書を持つ巻子本で、いま一本は、上巻のみの桝形列帖装本。それぞれ鎌倉期の書写にかかる。最善本とされる静嘉堂文庫蔵完本と本文系統を異にし、「和歌色葉」の本文研究に必須の資料。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ