書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [2] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 私の古典文学研究
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2017年6月13日
定価(税込) : ¥2,700
ISBN : 978-4-7576-0841-2
ながきにわたり我国の古典文学研究の第一線を走り続けた著者による、若き古典文学研究者へ贈る珠玉の研究論文10編と随想集3編。
表紙 新校注 伊勢物語
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2016年4月20日
定価(税込) : ¥1,512
ISBN : 978-4-7576-0795-8
一二五段に補充章段を加えた本文、頭注、解題、系図、年表、和歌・語彙索引を付す。最新の研究成果を取り入れたテキストの決定版。
表紙 伊藤正義中世文華論集第三巻 金春禅竹の研究
著者名 : 片桐洋一/信多純一/天野文雄
発売日 : 2016年1月21日
定価(税込) : ¥16,200
ISBN : 978-4-7576-0751-4
禅竹研究の金字塔『金春禅竹の研究』(昭和45年、赤尾照文堂)を再録し、あわせて著者の金春家関係の研究業績を収録。
表紙 平安文学の本文は動く
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2015年6月12日
定価(税込) : ¥2,484
ISBN : 978-4-7576-0739-2
印刷がない時代、本は書写され読まれ楽しまれた。写本時代の文学の楽しみ方の基本を学び、古典文学の享受の基本と面白さが分かります。
表紙 伊勢物語全読解
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2013年12月10日
定価(税込) : ¥16,200
ISBN : 978-4-7576-0690-6
斯界の第一人者が五十有余年をかけまとめあげる。今まで問題にされてこなかったことを含めこの作品の魅力と謎を解明した待望の名著。
表紙 伊藤正義 中世文華論集 第二巻 謡と能の世界(下)
著者名 : 片桐洋一/信多純一/天野文雄
発売日 : 2013年11月30日
定価(税込) : ¥17,280
ISBN : 978-4-7576-0691-3
著者が終生考究し続けた『風姿花伝』研究、『謡抄』等の謡曲註釈書研究、謡本研究を集成し、能楽史小論、書評を収録。
表紙 八雲御抄の研究 名所部・用意部
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2013年2月28日
定価(税込) : ¥21,600
ISBN : 978-4-7576-0653-1
八雲御抄全巻の注釈完結。本書では巻五名所部・巻六用意部の主要四伝本を翻刻し、先行の和歌、歌学、歌論を博捜して読解。索引付。
表紙 伊藤正義 中世文華論集 第一巻 謡と能の世界(上)
著者名 : 片桐洋一/信多純一/天野文雄
発売日 : 2012年7月5日
定価(税込) : ¥15,120
ISBN : 978-4-7576-0624-1
著者が開拓した『古今集』『伊勢物語』の古注による作品論を中心に集成。新潮日本古典集成『謡曲集』に結実する著者の作品論の全貌。
表紙 伊勢物語古注釈書コレクション 第六巻
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2011年11月25日
定価(税込) : ¥14,040
ISBN : 978-4-7576-0603-6
内の巻と外の巻からなる漢学者五井蘭州の『勢語通』と、室町期から江戸初期にかけての注釈の聞書『伊勢物語明暦抄』の翻刻と解題。
表紙 後撰和歌集
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2008年11月25日
定価(税込) : ¥54,000
ISBN : 978-4-7576-0486-5
伝坊門局筆の全本文を初めて影印で公開。定家本と清輔本系統に分かれる前の本文を留める。後撰和歌集の成立過程を探る絶好の資料。
表紙 伊勢物語古注釈書コレクション 第五巻
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2006年10月13日
定価(税込) : ¥15,120
ISBN : 978-4-7576-0379-0
4-7576-0379-7
本書は宝暦9年加藤千蔭写の翻刻である。通行している寛政五年刊の板本との比較を通じて『伊勢物語古意』の著述課程が確認される。
表紙 八雲御抄 伝伏見院筆本
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2005年3月1日
定価(税込) : ¥10,260
ISBN : 978-4-7576-0307-3
貴族の間では必須の常識であった伝統歌学の知識と作法を集大成した順徳天皇(一一九七〜一二四二)の『八雲御抄』を、成立後あまり時を隔てぬ鎌倉時代中後期書写の伝伏見院筆本(文化庁保管、重要文化財)によって忠実に翻刻。『八雲御抄』の研究は今まさに新しいスタート台に立ったのである。
表紙 柿本人麿異聞
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2003年10月1日
定価(税込) : ¥2,700
ISBN : 978-4-7576-0226-7
『伊勢物語』『古今和歌集』などの注釈・享受の研究を開拓してきた著者が『萬葉集』の大歌人柿本人麻呂の後代における享受の実相を照射した力作。随所に示される新資料と新解釈は、読者を魅了してやまない。
表紙 伊勢物語童子問
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2003年6月1日
定価(税込) : ¥14,040
ISBN : 978-4-7576-0222-9
『伊勢物語童子問』翻刻・解題 惠阪友紀子・福留瑞美・岸本理恵
表紙 伊勢物語聞書
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2002年3月1日
定価(税込) : ¥16,200
ISBN : 978-4-7576-0140-6
伊勢物語聞書 兼如』翻刻・解題 早川やよい/『伊勢物語嬰児抄』翻刻・解題 磯山直子/『伊勢物語抄 諸注集成』翻刻・解題 金石哲
表紙 平安文学五十年
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2002年2月1日
定価(税込) : ¥2,160
ISBN : 978-4-7576-0144-4
本書は、著者の五十年に及ぶ長い研究生活の中で出会った人々や本にまつわる思い出、さまざまな学会・研究会の発足の経緯、一時代を画した叢書出版の苦労話などについて、著者にインタビューした記録であり、まさに自分史的戦後国文学研究史である。
表紙 王朝文学の本質と変容 韻文編
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2001年11月1日
定価(税込) : ¥18,360
ISBN : 978-4-7576-0137-6
本書の編者片桐洋一先生は、平成十三年九月にめでたく古稀を迎えられた。そこで、発足以来先生が手塩にかけて育てられてきた和歌文学会関西例会と関西平安文学会の活動を通じて先生の学恩・厚宜を辱した者がここに相集い、日頃の研鑚の成果を発表すべく、記念の論集を出版することにした。韻文編と散文編の二冊からなり、各々片桐先生のご論考も含め、執筆者は韻文編が三十八名、散文編が三十一名の多きにのぼる。
表紙 王朝文学の本質と変容 散文編
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2001年11月1日
定価(税込) : ¥18,360
ISBN : 978-4-7576-0138-3
和歌・中古文学に関する論考・資料31本を収録。
表紙 八雲御抄の研究―正義部・作法部―
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2001年10月25日
定価(税込) : ¥21,600
ISBN : 978-4-7576-0122-2
『八雲御抄』の中でも最も頻繁に引用され問題にされることの多い「第一 正義部」「第二 作法部」について、主要四伝本を対照して翻刻、先行の歌学書・歌集・記録などを駆使して厳密に読解。
表紙 伊勢物語聞書
著者名 : 片桐洋一
発売日 : 2000年4月1日
定価(税込) : ¥19,440
ISBN : 978-4-7576-0016-4
伊勢物語聞書 文明九年本肖聞抄 宗祇注書入』解題 片桐洋一/『伊勢物語抄 冷泉為満講』翻刻・解題 石川恵子・??木輝代
[前のページへ] [1] [2] [次のページへ]

このページのトップへ