書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 5.ことばを彩る1 テンス・アスペクト
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井泉
発売日 : 2018年11月19日
定価(税込) : ¥3,080
ISBN : 978-4-327-23805-6
単純現在時制とモダリティ、過去時制の意味特徴、未来を表す表現、進行相とアスペクト特性、完了相と現在完了形など、「時」(Time)を表す英語表現の意味と用法を、豊富な用例とともに詳しく分析考察する。
表紙 ことばの基礎2 動詞と構文
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井 泉
発売日 : 2018年8月22日
定価(税込) : ¥2,530
ISBN : 978-4-327-23802-5
英文法が、「核」となる構文(=基本形)と、そのまわりにある「周辺」的な構文(=変種)の寄せ集めで構成されていることを明らかにする。同族目的語構文、動作表現構文、使役構文、半動名詞構文などを取り上げる。
表紙 10.ことばの実際2 コーパスと英文法 
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井泉
発売日 : 2017年8月24日
定価(税込) : ¥2,750
ISBN : 978-4-327-23810-0
語法・文法・構文研究上で今や欠かせないツールとなった大規模な電子コーパス。本書では、副詞、コロケーション、周辺的な構文、自由関係詞whatや最上級形の語法などを例に、コーパスを用いた英語研究の実際を解説する。
表紙 1.ことばの基礎1 名詞と代名詞
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井泉
発売日 : 2016年8月22日
定価(税込) : ¥2,750
ISBN : 978-4-327-23801-8
名詞・代名詞の語法・文法について、テーマを絞って解説する。具体例を豊富に挙げ、類似する事例との違いや使用の背景にも目を配った。実際に使う際にあいまいな判断をされがちな表現についての疑問にも答える。
表紙 3 談話のことば1 文をつなぐ
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井泉
発売日 : 2016年7月21日
定価(税込) : ¥2,530
ISBN : 978-4-327-23803-2
「文をつなぐ」接続表現と構文の特性を、小説、新聞、映画の台詞等の生きたデータの丹念な観察と実証的な分析を通して明らかにする。英語話者の発想とものの捉え方を接続現象から解き明かす。
表紙 ことばの実際1
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井泉
発売日 : 2016年4月20日
定価(税込) : ¥2,530
ISBN : 978-4-327-23809-4
英語の「話しことば」に特有の現象について、話しことばの特徴である「場面性」と「リアルタイム性」という側面から捉え直し、「状況省略」や「タグ表現」といった話しことばに頻出の現象が会話上で果たしている役割を解明する。
表紙 談話のことば2
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井 泉
発売日 : 2016年4月20日
定価(税込) : ¥2,530
ISBN : 978-4-327-23804-9
英語の文法・語法に関する「規範」がどのように形作られてきたかを振り返る第1部に続き、第2部では「規範」的な語法から一見逸脱しているように見える現象を検証。実際の英語の持つ柔軟さと豊穣さを実証的に解き明かす。
表紙 語用論の射程
著者名 : 内田聖二
発売日 : 2011年7月20日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 978-4-327-40159-7
語用論的情報がかかわる言語現象を統一的に説明できる原理として注目されている関連性理論に依拠しながら、語からテクストまでの広範囲の言語現象を具体的かつ詳細に分析する。
表紙 関連性理論 第2版
著者名 : [著]スペルベル.D/ウィルソン.D [訳]内田聖二
発売日 : 1999年1月1日
定価(税込) : ¥5,720
ISBN : 978-4-327-41053-7
4-327-41053-5
「関連性」という単一の原則で言語伝達をとらえ直した本書の第2版では、初版以降の関連性理論の主要な発展が概観され、定式化、内容の両面を若干修正するための議論がなされている。
表紙 子どもとことばの出会い
著者名 : ウィリアム・オグレディ
発売日 : 2008年9月27日
定価(税込) : ¥3,520
ISBN : 978-4-327-37814-1
子どもの言語獲得のメカニズムを豊富な英語の実例で示す。第二言語習得にも示唆を与える、言語獲得研究の格好の入門書! 言語が獲得できることの不思議さと面白さを存分に伝える名著の翻訳。
表紙 思考と発話
著者名 : ロビン・カーストン
発売日 : 2008年2月23日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-327-40148-1
Sperber and Wilson/『関連性理論』研究社刊-から出発した関連性理論は認知語用論として近隣学問分野に影響を与えながら発展してきたが、本書はその基盤を強固なものとし、さらにその応用可能性に言及する。
表紙 関連性理論
著者名 : スペルベル.D/ウィルソン.D
発売日 : 1999年4月1日
定価(税込) : ¥5,720
ISBN : 978-4-327-41053-7
4-327-41053-5
「関連性」という単一の原則で言語伝達をとらえ直した本書の第2版では、初版以降の関連性理論の主要な発展が概観され、定式化、内容の両面を若干修正するための議論がなされている。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ