書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 日本古典文学の表現をどう解析するか
著者名 : 竹林一志
発売日 : 2009年5月30日
定価(税込) : ¥2,420
ISBN : 978-4-305-70475-7
小松英雄の古典理解をどう生かし読めばいいのか。文献学的アプローチにもとづく全くあたらしい古典読解術。古典を対象にしながら、時代を越えた言語表現全般を見据える。表現を的確に捉えるための「方法」を実践。
表紙 日本語における文の原理
著者名 : 竹林一志
発売日 : 2008年11月22日
定価(税込) : ¥2,420
ISBN : 978-4-87424-429-6
文とはなにか?日本語に主語はあるか?日本語文法の5つの核心(根本に関わる問題)について筆者のアプローチを提示する。
表紙 「を」「に」の謎を解く
著者名 : 竹林一志
発売日 : 2007年6月28日
定価(税込) : ¥2,750
ISBN : 978-4-305-70354-5
助詞「を」と「に」の諸用法に貫かれる本質的意味を明らかにすると同時に、それらが用いられる諸表現の性質や使用条件の理由を探る。約10年をかけた研究成果の提示とともに、あらゆる事象に対し徹底的に「なぜ」と問う。
表紙 現代日本語における主部の本質と諸相
著者名 : 竹林一志
発売日 : 2004年2月25日
定価(税込) : ¥4,180
ISBN : 978-4-87424-282-7
4-87424-282-0
主語をめぐる先行研究の問題点を鋭く指摘し、日本語の文に「主部」という概念が必要であることを提唱する。そして「は・も・が」などの助詞及び無助詞形式による主部提示のスキーマ的機能を認知言語学的視点から明快に分析。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ