書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 評伝/ことば 大塩平八郎への道
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2017年11月10日
定価(税込) : ¥1,728
ISBN : 9784757608467
幸田成友『大塩平八郎』をこえる研究がまだ見当らない現状の中、大塩平八郎の人物像とその思想についての新しい評伝を贈る。
表紙 評伝 三宅雪嶺の思想像
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2015年10月3日
定価(税込) : ¥2,916
ISBN : 978-4-7576-0760-6
日本主義の精髄としての雪嶺哲学はヘーゲル批判の哲学体系を媒介に大塩陽明学を継承して形成されたことを指摘、雪嶺の実像に迫る。
表紙 大塩思想の射程
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2014年6月15日
定価(税込) : ¥6,480
ISBN : 978-4-7576-0707-1
近世儒学が大塩に至る陽明学思想により、礼教的教養主義から仁政的政治学へ転換した思想的経緯など、大塩に関わる重要問題群を解明。
表紙 大塩思想の可能性
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2011年12月8日
定価(税込) : ¥8,640
ISBN : 978-4-7576-0605-0
大塩思想の基軸概念としての太虚の意義を明らかにするとともに、『洗心洞詩文』の口語訳を掲載し、大塩研究の今日的課題に応える。
表紙 大塩平八郎と陽明学
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2008年9月25日
定価(税込) : ¥8,640
ISBN : 978-4-7576-0487-2
大塩における陽明学思想の全体像を初めて明らかにする。さらに幻の書とされた大塩編『洗心洞唐宋元明清名家詩選』を注釈付きで紹介。
表紙 河内 社会・文化・医療
著者名 : 森田康夫
発売日 : 2001年9月1日
定価(税込) : ¥3,024
ISBN : 978-4-7576-0124-6
本書は、河内の文化や社会を考える時の指標を与えるもので、古代から近代まで豊富な史料をもとに同時代を生きた人々の息づかいを伝える。なかでも小野篁ゆかりの八尾地蔵の胎内墨書の解読や、近世の医療事情についての田中家文書の解明は新しい知の発見である。
表紙 福沢諭吉と大坂
著者名 : 森田康夫
発売日 : 1997年1月1日
定価(税込) : ¥5,400
ISBN : 978-4-87088-820-3
権力から自立した商業資本の都市・大坂で生まれ、適塾で学んだことで、大坂商人の殷富と自由への共感が、福沢に経済学重視の思想を形成し、それが重商主義論として結実された明六社的啓蒙思想の意義を、同時代の民権思想との対比で解明する。
表紙 浪華異聞・大潮餘談
著者名 : 森田康夫
発売日 : 1996年1月1日
定価(税込) : ¥3,240
ISBN : 978-4-87088-762-6
洗心洞門人・西村履三郎の長男・常太郎が十五歳で隠岐に流刑され、幕末隠岐騒動の重要人物となるなかで、維新に遭遇して帰国する。このような一族を襲った歴史的体験を、宇田川文海の手でノンフィクション風に書かれた未公開資料及び大塩の乱関連の論考。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ