書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 詞林夢幻拾遺
著者名 : 上條彰次
発売日 : 2011年11月25日
定価(税込) : ¥4,950
ISBN : 978-4-7576-0607-4
『詞林夢幻―戦中戦後―』の続編。随想・論説・短歌類を収録すると共に歌集編纂における自撰他撰の性格の相違など新しい課題を提示。
表紙 中世和歌文学諸相
著者名 : 上條彰次
発売日 : 2003年11月1日
定価(税込) : ¥14,300
ISBN : 978-4-7576-0231-1
第一篇 藤原俊成考説(全五章と〈付説〉)、第二篇 新古今時代歌人考説(全四章)、第三篇 女流作品考説(全四章)、第四篇 誹諧歌考説(全五章と〈付説〉)の計四篇十八章から成り、和歌の多様なありかたをめぐって考察する。
表紙 百人一首研究集成
著者名 : 大坪利絹/上條彰次/島津忠夫/吉海直人
発売日 : 2003年2月1日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0192-5
昭和二十年代から今日に到るまで、百人一首の研究は飛躍的に進展した。しかし歳月の経過とともに、重要でありながら参照することが困難な論文が増加している。本書はこれら百人一首の研究史において必要不可欠な論文三十七編を集成し、編者による解説を付し、今後の研究への糧となるべく編纂されたものである。
表紙 詞林夢幻
著者名 : 上條彰次
発売日 : 2000年10月1日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-7576-0073-7
副題に「戦中戦後」とあるのは、太平洋戦争中の創作的営為をも含む自分史であることを示す。ただし、その時どきの随想・評論・学界展望・書評・創作類などで綴る内容に鑑み、変形自分史とでも呼ぶべきであろうか。
表紙 小倉百首批釈/百人一首鈔聞書
著者名 : 上條彰次
発売日 : 1996年1月1日
定価(税込) : ¥6,600
ISBN : 978-4-87088-800-5
『批釈』は彦根藩の学者大菅自圭の著。諸説を博捜参照して批評を加え、独自の説を打ち出す。自筆本の面影を残す書陵部蔵本を翻刻。『聞書』は奥書によると、一七三六年、源義堯が道芳雅丈に贈った「秘訣聞書」である。長野県図蔵の孤本か。
表紙 『とはずがたり』の諸問題
著者名 : 島津忠夫/上條彰次/廣田哲通
発売日 : 1996年1月1日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-87088-804-3
 
表紙 千載和歌集
著者名 : 上條彰次校注
発売日 : 1995年1月1日
定価(税込) : ¥7,700
ISBN : 978-4-87088-697-1
底本は竜門文庫蔵古写本(鎌倉期書写・乙類本)を採用。各歌作詠の機微や撰者の配列構成意識に照明を当てる立場での解説・解釈・鑑賞を施し、参考欄には古注類や河野美術館八代集本の歌を掲げる。付録に歌題・歌題一覧や索引など。
表紙 中世和歌文学論叢
著者名 : 上條彰次
発売日 : 1993年1月1日
定価(税込) : ¥19,800
ISBN : 978-4-87088-599-8
 
表紙 百人一首古注抄
著者名 : 島津忠夫/上條彰次
発売日 : 1982年2月10日
定価(税込) : ¥1,980
ISBN : 978-4-900137-41-7
数多い百人一首古注群の中から、経厚抄および新抄の句意の部分を、中世・近世の代表として全首にあげ、宗祇抄から百首要解に至る古注を独自的な説、初出の見解、注釈史の流れを窺わせる説などの視点からひろく抄出した。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ