書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 エストニア語入門
著者名 : 小泉保
発売日 : 2009年10月30日
定価(税込) : ¥6,048
ISBN : 978-4-475-01887-6
エストニアはバルト海の東海岸に位置する、いわゆるバルト三国の一つ。例文を読みながら、エストニア語の文法を勉強できるように全25課にわけて説明する。エストニアの歴史、民族、文学にも触れるように心がけた。語彙集つき。
表紙 現代日本語文典
著者名 : 小泉保
発売日 : 2008年1月1日
定価(税込) : ¥2,916
ISBN : 978-4-475-01884-5
最新の言語理論による21世紀の文法書。音声、音韻、形態、統語、意味と語用の5章に分かれる。本書によりすべての日本語表現に文構造を与えることが可能になる。
表紙 構造統語論要説
著者名 : 小泉保
発売日 : 2007年2月26日
定価(税込) : ¥10,800
ISBN : 978-4-327-40145-0
原著者テニエールは、動詞を文の中心と見なし主語や目的語などの他の要素はすべて動詞に依存するとした、いわゆる「結合価文法」の提唱者。転用という操作による統語構造の分析法はあらゆる言語に当てはまる普遍的なもの。
表紙 改訂 音声学入門
著者名 : 小泉保
発売日 : 2003年1月1日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-475-01863-0
キヤットフォードの音声分析手法路線を追いながら筆者の所見を加え、図版を多量に掲示し読者の理解を深めるように配慮。発生の分類に首尾一貫性を持たせ、不備な強勢、声調、音調、リズム面の扱いに意を注いだ。
表紙 入門語用論研究
著者名 : 小泉保
発売日 : 2001年10月1日
定価(税込) : ¥2,916
ISBN : 978-4-327-40126-9
4-327-40126-9
言外の意味を究明することが目的である語用論について、その基礎となる、直示、推意、前提、言語行為、丁寧さ、談話分析について平易に解説し、また応用として文学や認知言語学、言語習得、語法研究との関連までを含む。
表紙 言語研究における機能主義
著者名 : 小泉保
発売日 : 2000年1月3日
定価(税込) : ¥4,104
ISBN : 978-4-87424-183-7
4-87424-183-2
機能主義の構図を明らかにする論文を掲載。副題に討論会とあるように、反論と再反論が行われるという画期的試み。筧壽雄・山口登・龍城正明・吉村公弘・内田聖二・高見健一・西光義弘・児玉徳美・小泉保
表紙 ジョークとレトリックの語用論
著者名 : 小泉保
発売日 : 1997年1月1日
定価(税込) : ¥2,052
ISBN : 978-4-469-21210-5
4-469-21210-5
「笑い」をもたらすジョークと効果的な表現方法としてのレトリックを、〈語用論〉を武器に分析する、先人たちの考察を乗り越える意欲作。
表紙 言語学とコミュニケーション
著者名 : 小泉保
発売日 : 1995年1月1日
定価(税込) : ¥3,132
ISBN : 978-4-475-01819-7
難解な言語学の平易な解説書。ことばの規則・音声、音素とは何か、語・文の組立て、意味とは何か、表現と場面、伝達からコミュニケーションの働き、世界言語などの10章。
表紙 日本語基本動詞用法辞典
著者名 : 小泉保
発売日 : 1989年1月1日
定価(税込) : ¥5,184
ISBN : 978-4-469-01225-5
4-469-01225-4
日本語研究の最新の成果をふまえて、日本語の基本動詞に関するすべての語彙情報を盛り込んだ、全く新しいタイプの辞典。基本動詞728項目を取り上げ、それぞれ例文を掲げて示した。
表紙 教養のための言語学コース
著者名 : 小泉保
発売日 : 1984年1月1日
定価(税込) : ¥2,484
ISBN : 978-4-469-21115-3
4-469-21115-X
「男女の間」「パンと平和」「モリソバとザルソバ」などなど、身近な事柄から導入し、読者をコトバの世界へといざなうニユークな言語学入門。
表紙 日本語の正書法
著者名 : 小泉保
発売日 : 1978年1月1日
定価(税込) : ¥3,780
ISBN : 978-4-469-22019-3
4-469-22019-1
ことばをいかに正しく表記するか。音韻論の立場からローマ字転写、外来語表記、仮名遣いを論じ、句読点・括弧・ダッシュ等諸記号の用法を詳説。
表紙 英語学大系 1 音韻論 I
著者名 : 小泉保 牧野勤
発売日 : 1971年9月1日
定価(税込) : ¥3,456
ISBN : 978-4-469-14051-4
4-469-14051-1
音韻論の発展をプラーグ学派を起点にコペンハーゲン、ソ連へと追い、後半はイギリス音声学の歩みをジョーンズ、ギムソンらを中心にとらえる。
表紙 新版 音声学入門
著者名 : シュービゲル・M
発売日 : 1998年1月1日
定価(税込) : ¥1,620
ISBN : 978-4-469-21100-9
4-469-21100-1
複雑な音声事象を明快に説明した入門書として好評を博した旧版を最新の成果を取り入れて大幅に書き直した新版。巻末に詳しい訳注を付した。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ