書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 三上章論文集
著者名 : 三上章
発売日 : 2011年6月5日
定価(税込) : ¥10,450
ISBN : 9784874245262
時代を経て、今なお脚光を浴びる三上章の研究。'75初版刊行の論文集が限定部数で復刊。三上章著作集(全8巻)の索引付。
表紙 構文の研究
著者名 : 三上章
発売日 : 2002年12月1日
定価(税込) : ¥3,080
ISBN : 978-4-87424-260-5
4-87424-260-X
未公刊だった三上の博士論文を初の単行本化。三上の文論の体系が明らかに。提出された1959年という年を考える時、三上の文論研究がいかに時代に先んじていたことかに思いいたるであろう。
表紙 技芸は難く
著者名 : 三上章
発売日 : 1976年6月10日
定価(税込) : ¥2,200
ISBN : 978-4-87424-166-0
4-87424-166-2
昭和15年5月に広島・武蔵野書房より、加茂一政のペンネームで限定出版された、三上章の哲学的エッセイ集。日本語の主題の論考で大きな功績を残した著者の源がここに。あとがき 桑原武夫、内村剛介、高内壮介、野崎昭広ほか
表紙 続・現代語法序説
著者名 : 三上章
発売日 : 1972年10月10日
定価(税込) : ¥3,300
ISBN : 978-4-87424-097-7
4-87424-097-6
(I)主語という用語(II)主述関係という概念(III)単文・重文・複文の区別、という3つを日本語文法では廃止しなければいけないと主張。新たな構文論をうちたてる。文法用語 /いわゆる主述関係/基本概念/ 活用形のはたらき
表紙 現代語法新説
著者名 : 三上章
発売日 : 1972年8月10日
定価(税込) : ¥3,740
ISBN : 978-4-87424-264-3
4-87424-264-2
当時の学界を話題を独占した『現代語法序説』。その斬新に満ちた前作を体系化しようとする試み。序 金田一春彦。(目次)文法用語など/何を単語と見なすか/名詞/動詞/形容詞と副詞/代名詞と承前詞/など
表紙 現代語法序説
著者名 : 三上章
発売日 : 1972年4月20日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 978-4-87424-114-1
4-87424-114-X
三上の代表作で戦後の日本語文法に一石を投じた一冊。将来的に現代語の実用的なシンタクスの構築を目指し、文法の問題点を世におくりだした。本質的な掘り下げのないまま現代に及んだ問題も少なくない。
表紙 文法小論集
著者名 : 三上章
発売日 : 1970年12月20日
定価(税込) : ¥2,200
ISBN : 978-4-87424-186-8
4-87424-186-7
ハーバード大学から帰国後にまとめた、変形文法との交流を示す晩年の論集。生前の最期の単行本。(目次)文法と文法教育/変説のおわび/文型/Topic-Comment/Subjective/敬語法内外/主格と対格/ほか
表紙 日本語の構文
著者名 : 三上章
発売日 : 1963年12月20日
定価(税込) : ¥2,420
ISBN : 978-4-87424-267-4
4-87424-267-7
これまでの三上の著作や、当時の新しい研究者によって、文法の捉え方は大きくかわってきていた。これまでの構文様式の根本的相違を認識し、動詞のカテゴリーやセンテンスの区切り方の規定を独自の発想をもって展開。
表紙 日本語の論理
著者名 : 三上章
発売日 : 1963年12月20日
定価(税込) : ¥2,750
ISBN : 978-4-87424-113-4
4-87424-113-1
日本語文法を論理学の視点から考察し、日本語文法の西洋文法の影響について語り、それを批判する。(目次)動詞のカテゴリー/センテンス/区切り方/余論
表紙 文法教育の革新
著者名 : 三上章
発売日 : 1963年6月30日
定価(税込) : ¥2,200
ISBN : 978-4-87424-265-0
4-87424-265-0
学校文法を痛烈に批判し、実際的な改革案を示す。現代にも多くの示唆を残す革新的著作。(目次)ほんの少し前進しよう(最大公約数的見解/橋本で橋本を修正しよう/他の諸説の起用)ほか
表紙 象は鼻が長い
著者名 : 三上章
発売日 : 1960年10月30日
定価(税込) : ¥2,420
ISBN : 978-4-87424-117-2
4-87424-117-4
二重主語問題の代表的例文を書名に、鮮やかな変形操作と千以上の生きた例文を駆使し「ハ」の本質を明らかにしたベストセラー。現在の日本語学研究に海外にまで大きな影響をもたらした一冊。三上章の代表作。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ