書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 唐代音楽の歴史的研究 続巻
著者名 : 岸辺成雄
発売日 : 2005年5月1日
定価(税込) : ¥16,200
ISBN : 978-4-7576-0292-2
西はシルクロードを経由して「遠くイラン、インドの流を汲み、東は日本、朝鮮等に統を伝え、アジアにまたがる国際的音楽文化の中軸」(「楽制篇」自序)となった中国唐代の音楽は、東洋音楽史研究の第一人者岸辺成雄博士の生涯を貫く壮大な研究の主題であった。今日では容易に接し得なかった論考の全容を全三冊として公刊した。
表紙 唐代音楽の歴史的研究 (上下巻) 〈覆刻版〉
著者名 : 岸辺成雄
発売日 : 2005年3月1日
定価(税込) : ¥23,760
ISBN : 978-4-7576-0291-5
西はシルクロードを経由して「遠くイラン、インドの流を汲み、東は日本、朝鮮等に統を伝え、アジアにまたがる国際的音楽文化の中軸」(「楽制篇」自序)となった中国唐代の音楽は、東洋音楽史研究の第一人者岸辺成雄博士の生涯を貫く壮大な研究の主題であった。今日では容易に接し得なかった論考の全容を全三冊として公刊した。折しも近年、学界の注目は唐代の中国を中心とする東アジア世界の形成に注がれているが、そのなかでも音楽の重要性に改めて注目し、検討する必要が痛感される。本研究はこれに応える先駆であり、今日の研究の基盤となり得る唯一の研究である。★二分冊・分売不可。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ