書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 田辺聖子文学事典 ゆめいろ万華鏡
著者名 : 浦西和彦/檀原みすず/増田周子
発売日 : 2017年10月31日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 9784757608504
世代を超えて愛され続ける田辺文学の軌跡を事典形式で追求。小説やエッセイ・評論など全560項目を五十音順に掲載。年譜付で便利。
表紙 温泉文学事典
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2016年11月2日
定価(税込) : ¥6,600
ISBN : 978-4-7576-0808-5
473名の作家別に温泉にまつわる853作品を収録した初の事典。登場する温泉は約700、索引付。小社HPに『温泉文学事典』地図を掲載。
表紙 大阪文藝雑誌総覧
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2013年2月20日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0652-4
東京とは違った独自の出版活動が展開された大阪の雑誌七十八点を採りあげ実体を明らかにし、文藝状況や出版文化を新しく鳥瞰する。
表紙 石川近代文学事典
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2010年3月25日
定価(税込) : ¥5,500
ISBN : 978-4-7576-0543-5
石川県近代文学風土の豊穣さ、その全容を解明した文学事典。石川県にかかわりのある人物七百五十余人、作品四百三十余編を採録。
表紙 浦西和彦著述と書誌 第二巻 現代文学研究の基底
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2009年2月20日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0477-3
明治の文学雑誌「葦分船」から田辺聖子まで、近代文学の多彩な問題を独自の視点より照射。島木健作訊問調書などの貴重な資料も紹介。
表紙 浦西和彦著述と書誌 第一巻 新・日本プロレタリア文学の研究
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2009年1月30日
定価(税込) : ¥14,300
ISBN : 978-4-7576-0476-6
葉山嘉樹ら代表的な作家はもちろん、これまで研究の進んでいない作家達をも広く論じ、プロレタリア文学研究に新たな光を与える。
表紙 浦西和彦著述と書誌 第四巻 増補日本プロレタリア文学書目
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2009年1月20日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0479-7
近現代における時代と文学・文化・思想を俯瞰する時、プロレタリア文化運動は無視できない。思想・文化研究においても必須の書目。
表紙 浦西和彦著述と書誌 第三巻 年譜葉山嘉樹伝
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2008年10月20日
定価(税込) : ¥14,300
ISBN : 978-4-7576-0478-0
日本プロレタリア文学の代表的作家である葉山嘉樹の波瀾多い個性的な生涯を、その精査な豊富な資料を追及し年譜形式で明らかにする。
表紙 四国近代文学事典
著者名 : 浦西和彦/堀部功夫/増田周子
発売日 : 2006年12月22日
定価(税込) : ¥11,000
ISBN : 978-4-7576-0380-6
4-7576-0380-0
四国を表現の磁場とした文学作品とその文学者たちをあまねく捕えた事典。この事典を巡礼地図に四国近現代文学遍路に出かけませんか。
表紙 大阪近代文学作品事典
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2006年9月8日
定価(税込) : ¥9,900
ISBN : 978-4-7576-0372-1
4-7576-0372-X
大阪を舞台とした作品が一千項目以上も採録されている壮大なる文学作品事典。巻末には宇田川文海・渡辺霞亭・村上浪六・西村天囚・菊池幽芳・河井酔茗・中村吉蔵・小林天眠の著書目録を付す。
表紙 河野多惠子文藝事典・書誌
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2003年3月1日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-7576-0191-8
「幼児狩り」で新潮社同人雑誌賞を、「蟹」で芥川龍之介賞を、「最後の時」で女流文学賞を、「不意の声」で読売文学賞を、「谷崎文学と肯定の欲望」で読売文学賞(評論・伝記賞)を、「一年の牧歌」で谷崎潤一郎賞を、「みいら採り猟奇譚」で野間文藝賞を、「後日の話」で伊藤整文学賞を受賞。河野多惠子文学の精髄を事典・書誌で追求する。
表紙 紀伊半島近代文学事典
著者名 : 浦西和彦/半田美永
発売日 : 2002年12月1日
定価(税込) : ¥4,180
ISBN : 978-4-7576-0180-2
明治以降、多くの作家が創作活動の場を東京に求めながら、その作品にいかに故郷への愛憎をひきずりつつ、文学に専心していたことか。本事典は紀伊半島を核にして、近代文学の様相を見渡したいという意図のもとに編まれたものである。
表紙 現代文学研究の枝折
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 2001年12月1日
定価(税込) : ¥6,600
ISBN : 978-4-7576-0127-7
徹底した書誌調査をすることで知られる著者が、独自の視点から自在に現代文学や戦時下の言論統制の役割を果した日本文学報国会等を検証する。島木健作訊問調書、『藤村全集』逸文、岡本綺堂書簡三十六通、川端康成書簡二十通などの貴重な資料も紹介する。
表紙 伊藤永之介文学選集
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 1999年1月1日
定価(税込) : ¥5,500
ISBN : 978-4-87088-986-6
本選集は、これまで伊藤永之介の作品集・文学全集・文庫本に収録されたことのない長篇小説、短篇小説、エッセイを収録した。また、分銅惇作・小野一二・岡里苜子氏等の回想記、並びに詳細な年譜(略年譜、著書、小説・戯曲、エッセイ)等を併録した。
表紙 田辺聖子書誌
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 1995年1月1日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-87088-751-0
「感傷旅行」で芥川賞を、『花衣ぬぐやまつわる…』で女流文学賞を、『田辺聖子長篇全集』等の活動で日本文学大賞を、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を、多彩な文筆活動で菊池寛賞を受賞した、田辺聖子の文学的全体像を解明する。
表紙 織田作之助文藝事典
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 1992年1月1日
定価(税込) : ¥5,500
ISBN : 978-4-87088-558-5
周到な書誌的調査、資料の博捜により、『定本織田作之助全集』全八巻に未収録の作品を四十点以上も項目にとりあげており、本事典の出現によって、織田作之助文学の全貌把握がはじめて可能となった。
表紙 開高健書誌
著者名 : 浦西和彦
発売日 : 1990年10月1日
定価(税込) : ¥16,500
ISBN : 978-4-87088-440-3
 
表紙 奈良近代文学事典
著者名 : 浦西和彦/浅田隆/太田登
発売日 : 1989年6月1日
定価(税込) : ¥5,500
ISBN : 978-4-87088-359-8
 
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ