書籍検索書籍検索へ

検索結果

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
商品名 紹介文
表紙 小笠原諸島の混合言語の歴史と構造
著者名 : ダニエル・ロング
発売日 : 2018年2月16日
定価(税込) : ¥8,800
ISBN : 978-4-89476-904-5
小笠原諸島では2世紀近くにわたり様々な言語接触が積み重なった結果、現代の「小笠原混合言語」が形成された。その構造と歴史、「多文化共生」や「複言語」の状況を論じる。
表紙 国会会議録を使った日本語研究
著者名 : 松田謙次郎
発売日 : 2008年5月30日
定価(税込) : ¥5,500
ISBN : 978-4-89476-299-2
インターネット版「国会会議録」は、過去60年にわたる膨大な言語資料である。この資料を言語資料として扱い言語研究を行うことを提案する。
表紙 関西方言の広がりとコミュニケーションの行方
著者名 : 陣内正敬/友定賢治
発売日 : 2005年12月26日
定価(税込) : ¥9,900
ISBN : 978-4-7576-0342-4
4-7576-0342-8
現代日本のコミュニケーション生活においてますます重要な役割を果たしていく方言の存在を、関西方言の動向を通して考察する。
表紙 生きたことばをつかまえる
著者名 : [編・著]レズリー・ミルロイ [訳]太田一郎/陣内正敬/宮治弘明/松田謙次郎/ダニエル・ロング
発売日 : 2000年1月1日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 978-4-88198-945-6
言語変異研究のための解説書。著者は自身の経験を踏まえ、データ収集、分析、解釈の方法から調査に内在する方法論上の原理と理論パラダイムの関係という抽象的問題まで詳細に論じている。ことばに関わる人全てに!
表紙 生きたことばをつかまえる
著者名 : レズリー・ミルロイ
発売日 : 2000年1月1日
定価(税込) : ¥3,850
ISBN : 978-4-88198-945-6
4-88198-945-6
言語変異研究のための解説書。著者は自身の経験を踏まえ、データ収集、分析、解釈の方法から調査に内在する方法論上の原理と理論パラダイムの関係という抽象的問題まで詳細に論じている。ことばに関わる人全てに!
表紙 地域語の生態シリーズ九州篇 地方中核都市方言の行方
著者名 : 陣内正敬
発売日 : 1996年8月25日
定価(税込) : ¥2,350
ISBN : 978-4-273-02913-5
4-273-02913-8
日本の地域社会における言語実態を、最新の研究成果に基づき記述。方言学の入門書にも有効。章目次:地方中核都市方言をめぐる状況/統合化・均一化の諸相/多様化・差異化の諸相/言語生活と地域語/これからの地域語
表紙 北部九州における方言新語研究
著者名 : [著]陣内正敬
発売日 : 1996年1月1日
定価(税込) : ¥4,950
ISBN : 978-4-87378-443-4
北部九州をフィールドとする方言の変異と変化に関する調査・研究をまとめたものである。方言新語研究の枠組みを提示し、その具体例として現在進行中の新しい方言事象の分析を展開する。
表紙 社会言語学
著者名 : 真田信治/渋谷勝己/陣内正敬/杉戸清樹
発売日 : 1992年11月30日
定価(税込) : ¥2,310
ISBN : 978-4-273-02602-8
4-273-02602-3
著者が分類した9つの社会言語学の研究領域に沿って、言語がコミュニケーションの用具として集団・社会の中でどう使われてきたか、各言語現象・言語運用をわかりやすく概説。索引付。
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ