もうすぐ出る本 coming soon!HOMEへ

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
英語学が語るもの
表紙 なぜGoldだけで金メダルというのか、英語の疑問を英語学から紐解く。英語学でとりあげられる興味深い現象を12の分野に分け、わかりやすく紹介。歴史的な変遷にも配慮しており、英語学の面白さを感じることのできる1冊に。
定価(税込):¥2,376
発売日 2018年6月12日
米倉綽(編)
くろしお出版   ISBN 9784874247563 C1082
TOEIC (R) L&R テスト 基本単語帳
表紙 TOEIC L&Rテストのスペシャリストたちが作り上げた最強の単語集!2013年からの本番試験のデータを全面的に見直し、最新の韓国既出問題集のデータを徹底分析。2016年5月以降の新形式の本番問題もあらゆる角度から分析。
定価(税込):¥1,728
発売日 2018年6月15日
加藤草平/ロス・タロック/中村信子(著)
研究社   ISBN 978-4-327-43091-7 C1082
入試英文 精読の極意 〈新装版〉
表紙 演習+精読+10のAXIS(基本的な「読み込み」の姿勢) で入試英語の長文がすみからすみまでよくわかる。いつも気になっていた、英文解釈の消化不良感を一気に解消!
定価(税込):¥1,620
発売日 2018年6月15日
丹羽裕子(著)
研究社   ISBN 978-4-327-76489-0 C7082
ラディカル構文文法
表紙 認知言語学と言語類型論を統合する認知言語類型論の新たな研究プログラムに基づき、これまでの文法研究を根源的に問い直す独創的な研究書。認知言語学、言語類型論の研究者のみならず言語学の関連分野の研究者にも必読の書。
定価(税込):¥8,424
発売日 2018年6月15日
ウィリアム・クロフト(著)
研究社   ISBN 978-4-327-40169-6 C3080
例文で覚える フランス語文法
表紙 例文を暗唱することで、フランス語に必須の語彙や表現を増やしながら、重要な文法事項を総ざらいにできる暗唱用例文集。短くて覚えやすい例文を中心に550セレクト、見開きで対向頁には和訳と詳しい解説を収録。音声DL。
定価(税込):¥2,052
発売日 2018年6月15日
町田健(著)
研究社   ISBN 978-4-327-39438-7 C0085
生きたコトバをつかまえる
表紙 2014年に97歳で亡くなった言語学者、日下部文夫の、生前の原稿をまとめた著作選。文字・表記から音声、文法についての論考や、琉球やミクロネシアでの現地調査に基づいた論考など、幅広い内容について示唆的な考察が並ぶ。
定価(税込):¥6,912
発売日 2018年5月29日
日下部文夫(著)
くろしお出版   ISBN 9784874247679 C3081
井手至博士追悼 萬葉語文研究 特別集
表紙 萬葉集を中心とする上代文学、八世紀を中心とする日本語学の、新たな展開を告げる論考を集めた論集。
定価(税込):¥4,860
発売日 2018年6月6日
萬葉語学文学研究会(編)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0878-8 C3395
語彙ドン! [vol.1]
表紙 大学や専門学校で講義を受けるのに必要なことばを、効率良く集中的に学習する語彙教材。日本語学術共通語彙のうち600語を、様々な練習方法で楽しく繰り返し身につける。大学生になるために、新聞やニュースを理解するためにも最適。
定価(税込):¥1,620
発売日 2018年6月7日
石澤徹/岩下真澄/伊志嶺安博/桜木ともみ/松下達彦(著)
くろしお出版   ISBN 9784874247594 C2081
日本語で外国人と話す技術
表紙 訪日外国人が増える昨今、英語ではなく「日本語で声をかける」ことを提案。日本語が少し話せる外国人に対して、どのような日本語を使えば理解してもらえるのか。楽しく交流するためのコミュニケーションのポイントは何か。
定価(税込):¥1,512
発売日 2018年6月7日
高嶋幸太(著)
くろしお出版   ISBN 9784874247709 C0081
バリエーションの中の日本語史
表紙 伝統的に文献資料を緻密に読むことによって発展してきた日本語史研究は、近年では現代日本語や諸方言をも視野に入れ一層発展を続けている。本書はその流れの中で、様々なバリエーションから日本語史を捉える論考を揃える。
定価(税込):¥3,996
発売日 2018年5月29日
岡崎友子/衣畑智秀/藤本真理子/森勇太(編)
くろしお出版   ISBN 9784874247662 C3081
文法変化の研究
表紙 ことばの変化、特に文法変化について、日本語史を材料として論じる。既存の理論に依拠することなく言語事実に真正面から向き合い、「普通に考えること」を方針に丁寧に考察を重ねる。ことばの変化に興味を持つ研究者必読の書。
定価(税込):¥3,672
発売日 2018年5月28日
小柳智一(著)
くろしお出版   ISBN 9784874247686 C3081
上代文学と木簡の研究
表紙 古事記、万葉集の成立や筆録の過程について、飛鳥藤原時代木簡などの新出資料の研究を基に、特に文章表記、用字を軸に考察。この度の著作集刊行にあたり、その後の研究論文を増補し、巻末に事項索引を付加した。
定価(税込):¥11,880
発売日 2018年6月8日
小谷博泰(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0877-1 C3381
桑華蒙求の基礎的研究
表紙 江戸時代の作品にみえる日中の故事を検証する文献として有用。612話の本文と「人名索引」により人物故事事典としても機能。
定価(税込):¥13,500
発売日 2018年6月8日
本間洋一(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0879-5 C3395
『発心集』と中世文学
表紙 第I部はおもに説話集を編纂する主体に関する研究であり、第II部は語と表現の解釈に関する問題をおもに扱う。
定価(税込):¥9,720
発売日 2018年6月8日
山本一(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0880-1 C3395
1949礼賛
表紙 1949年は、台湾に民国政府が遷移して「全身に傷を負った」年であるが、台湾人の著者は、この「南遷」をポジティブにとらえ、民国の学術―中国の伝統的文化―を受け継ぎ、60年以上をかけて民主的な新しい台湾を作り出しえたとする。
定価(税込):¥2,592
発売日 2018年6月5日
楊儒賓(著)
東方書店   ISBN 978-4-497-21812-4 C0022
認知言語学とは何か
表紙 「認知言語学とは何か」「なぜこんなことを問題にするのか」といった、認知言語学を考える上で根本となる11の問題について、最前線で活躍する執筆陣が紐解いていく。入門をひとおとり終えた方へ。認知言語学の名著解題付。
定価(税込):¥2,592
発売日 2018年5月23日
高橋英光/野村益寛/森雄一(編)
くろしお出版   ISBN 9784874247693 C1081
河川漁撈の環境民俗学
表紙 昭和の時代を淀川で暮らしを立ててきた川漁師の姿を描き出すとともに、環境民俗学の視点から川漁師の自然観や世界観を探求する。
定価(税込):¥3,780
発売日 2018年5月25日
伊藤廣之(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0871-9 C0039
ギリシャ・ラテン文学
表紙 ヨーロッパの文化芸術の源流である「古代ギリシャ・ラテン文学」の入門書。叙事詩・抒情詩・恋愛詩・悲劇といったジャンルごとに、その誕生と発展の跡をたどる。地図・年表・人物事典・文献案内など、付録も充実。
定価(税込):¥3,240
発売日 2018年5月23日
逸身喜一郎(著)
研究社   ISBN 978-4-327-51001-5 C3098
新版 複合動詞の構造と意味用法
表紙 「駆け込む」とは言えるのに、なぜ「歩き込む」とは言えないのか?留学生の鋭い問いから始まった、10年以上におよぶ研究考察の集成。複合動詞の仕組みと用法を、豊富な事例の比較と分類によって、詳細に解き明かす。
定価(税込):¥3,240
発売日 2018年5月23日
姫野昌子(著)
研究社   ISBN 978-4-327-38478-4 C3081
[別巻] ソネット詩集
表紙 あふれる愛、身を焦がす思い、やるせない悲しみ・・・。ソネット(十四行詩)154篇に現れる、さまざまな愛の形から見えてくるものとは?詩人としても優れた才能を発揮したシェイクスピアの詩世界を対訳で味わう。
定価(税込):¥4,860
発売日 2018年5月23日
大場建治(編注)
研究社   ISBN 978-4-327-18011-9 C1398
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ