もうすぐ出る本 coming soon!HOMEへ

[前のページへ] [1] [次のページへ]
  
古代語の疑問表現と感動表現の研究
表紙 助詞が表現にどのように関わっていたのか、そして、それが時代の変遷とともにどう変化していったのかについて調査し考察を加えた。
定価(税込):¥14,040
発売日 2019年3月20日
近藤要司(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0901-3 C3381
認知意味論
表紙 認知言語学の核心とも呼ぶべき認知意味論の研究書。古代からの意味に関わる議論の中でその歴史を紐解き、その上で、カテゴリー論、意味変化と否定の問題といった、認知意味論にとって極めて重要なテーマに迫る。シリーズ第5回配本。
定価(税込):¥3,996
発売日 2019年3月29日
大月実/進藤三佳/有光奈美(著)
くろしお出版   ISBN 9784874247853 C3080
戦前期アジア留学生と明治大学
表紙 戦前期において、アジア留学生は明治大学での「留学経験」から何を修得し、故郷の社会・経済・文化に何をもたらし、日本に何を残していったのか。日本史・中国史・東南アジア史などの専門家による論集。
定価(税込):¥3,456
発売日 2019年3月31日
高田幸男(編著)
東方書店   ISBN 978-4-497-21906-0 C3021
再見 なにわ文化
表紙 大阪に生まれ、町人学者の伝統を受け継ぐ著者が、道頓堀・正月行事・上方子ども絵本など、なにわの古今の文化を大阪ことばで語る。
定価(税込):¥1,944
発売日 2019年3月14日
肥田晧三(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0897-9 C0321
宮沢賢治「文語詩稿 一百篇」評釈
表紙 最晩年の賢治が、自分の生涯や作品、信仰について、どのように総括しようとしたのか。宮沢賢治の最後にして最大の謎の解明に挑む。
定価(税込):¥7,560
発売日 2019年2月28日
信時哲郎(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0895-5 C3395
ウォールデン入門講義
表紙 アメリカ文学の古典であるヘンリー・ソロー『ウォールデン』(『森の生活』とも称される)。本書はその全18章の各章について思わず手にとって読みたくなるようなエピソードや着眼点を紹介するエッセイ集である。
定価(税込):¥2,160
発売日 2019年2月8日
佐藤光重(著)
金星堂   ISBN 978-4-7647-1184-6 C1098
鹿児島県甑島方言からみる文法の諸相
表紙 日本語の危機方言の一つである鹿児島県甑島方言について、格・待遇表現・条件表現・モダリティ等の観点から分析した初めての文法書。また他の方言や古典語と比較する論考もあり、日本語史や方言学全体に資する内容をも有している。
定価(税込):¥4,968
発売日 2019年2月28日
窪薗晴夫(編)
くろしお出版   ISBN 9784874247860 C3081
転換する日本語文法
表紙 おもに中世に起きた文法変化に着目して、変化が起きた時期と過程を実証的に示し、その変化が起きた理由を解明することを目的とする。
定価(税込):¥8,640
発売日 2019年2月28日
吉田永弘(著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0899-3 C3381
『三玉挑事抄』注釈
表紙 『三玉挑事抄』は、『三玉集』から、和漢の故事を典拠とする和歌七五〇首の出典を挙げたもの。全文翻刻と訳注、解説、索引を収める。
定価(税込):¥16,200
発売日 2019年2月20日
岩坪 健(編著)
和泉書院   ISBN 978-4-7576-0894-8 C3395
これからの英語の文字指導
表紙 書きやすく読みやすい手書き文字を身につけることは英語学習の土台となります。しかし実は多くの生徒が英語の「文字」でつまずいています。本書は現状を踏まえ分かりやすい文字の教え方を徹底解説。そのまま使えるハンドアウト付。
定価(税込):¥2,160
発売日 2019年2月18日
手島 良(著)
研究社   ISBN 978-4-327-41100-8 C3082
英語年鑑 <2019年版>
表紙 わが国の英語学・英米文学・英語教育界の、2017年4月から2018年3月にいたる1年間の活動のあとを記録する。また、英語学・英米文学・英語教育界の研究者約8,000名の住所録を収めた。
定価(税込):¥22,680
発売日 2019年1月23日
『英語年鑑』編集部(編)
研究社   ISBN 978-4-327-39949-8 C0002
[前のページへ] [1] [次のページへ]

このページのトップへ