書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784416714058 C2077

じっかのかたづけ はじめました

実家のかたづけ はじめました。 - 親が元気なうちにきれいにしたい!

定価(税込) : ¥1,540
表紙 著作者よみ : ほりぐち ゆうこ 
著者名 : 堀口 祐子 著著書を検索
北條 貴美子 監修著書を検索
出版社 : 誠文堂新光社 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2014年7月11日
ジャンル : 趣味実用
判型A5/192頁
本編は著者みずからが実際に実家のかたづけに着手するところから始まる。そこにあるのは何十年もの年月を重ねた、もはや使えなくなった大量のものたち。しかし、親たちはいわゆる「捨てられない」世代。旅館でもらった歯ブラシ1本たりとも捨てようとしない。「捨て魔」でもある著者と両親との、壮絶なかたづけが始まった……。

・元気なうちからはじめたい
日本人は「死」を日常から切り離して考えがち。「親はいつまでも元気」と思い込んで月日が流れ、いざというときには、何もしていない場合が多いのでは。そうなったときの「かたづけ」が、どんなに寂しいものか。そこで、親が元気なうちに「かたづけ」からはじめよう、というのが本書の目的。

・ほっこりマンガで共感
本書は「実家のかたづけ」初心者でも入りやすいよう、はまさきはるこ氏によるコミックエッセイ風のほっこりとしたマンガを多数掲載。実家のかたづけにつきものの「こんなものまでとっておいたのか」「こんなお宝が眠っていたのか」などのエピソードも写真とともに掲載。なつかしの80年代、90年代のグッズが続々登場する。それらを通して、実家のかたづけは決してつらくてたいへんなことばかりではなく、あとあとも楽しめるものであることを提案する。

・実用面もおまかせ
本書の監修兼アドバイザーの北條貴美子氏も、実家のかたづけ経験者。「実家のかたづけ」ならではのかたづけポイント、注意点なども体験を活かしてくわしく紹介。また、洗剤メーカーや食品メーカー、台所用品メーカーによる、使用期限やおすすめの保管法など、実用ノウハウも充実。

目次

第1章 脱衣所 
〜狭くてジメジメしやすい空間。そこには思わぬ危険がひそんでいる〜
第2章 台所
?消費期限切れのトラップがたくさんしかけられた空間。一方で、手がつけやすい場所でもある?
第3章 居間
?家の中の心臓部分。大事なものがたくさんつまっている。でもその在処は定かではない?
第4章 押入れ
?かたづけてもあまり目立たない地味な場所。ただし、思わぬお宝にめぐりあえる可能性高し?
第5章 こども部屋
?自分が残してきたものと、親のものが混在するカオス。自分の恥ずかしい過去とも対面すべし?
第6章 魔窟
?魔窟、それは誰もが見て見ぬふりをしてきた、もので埋めつくされた場所。果たして無事生還できるのか!??
第7章 実家のかたづけ方
?実家のかたづけは一日にしてならず!?
最後の章 実家のかたづけのあとさき

著者略歴

堀口祐子(ホリグチ・ユウコ):三重県出身、埼玉県在住。出版社勤務をへてフリーランスの編集に。パズルやクラフト、動物などの雑誌や実用書、文芸書の編集を手がける。自他ともに認める「捨て魔」であり、編集を生業としているわりには、本棚に本が少ない。愛犬のフレンチ・ブルドッグ、イギーをこよなく愛している。

このページのトップへ