書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784472404863 C8781

かんじのえほん

かんじのえほん

定価(税込) : ¥1,430
表紙 著作者よみ : はいじまかり 
著者名 : 灰島かり 著著書を検索
小中大地 画著書を検索
出版社 : 玉川大学出版部 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2013年12月5日
ジャンル : 絵本
判型B5変/44頁
「田」から飛び出した「十くん」はいったいどこへ? 「かんじたんけんだん」が捜索開始! 団長のナビゲートで、ゆかいな漢字の世界をめぐります。田、目、口、毛、山、川、木、雨、水、父、母、子、上、下、見、大、小、日、月、星……。「十くん」をさがしながら、漢字の成り立ちや意味を理解。かわいいイラストによる漢字入門絵本。

著者略歴

灰島かり(はいじま・かり)
子どもの本の翻訳者、白百合女子大学講師。国際基督教大学卒。英国のローハンプトン大学院で、児童文学を学ぶ。絵本がすきで、「お料理すること」「食べること」がとくい。さいきん、こっているのは、くだものをスープにすること。著書に『あいうえおのえほん』『ラブレターを書こう』(玉川大学出版部)、『絵本翻訳教室へようこそ』(研究社)など。翻訳書に『ABCのえほん』(玉川大学出版部)、『ケルトの白馬』(ほるぷ出版)など多数。
小中大地(こなか・だいち)
筑波大学大学院芸術専攻修了。小さいころから工作や絵を描くことがすき。はじめての絵本は、小学生のときに作った「宝さがし」。趣味はプロ野球を見ること。少年野球時代に打ったヒットは、5年生のときの1本だけ。絵本に『あいうえおのえほん』(玉川大学出版部)のほか、『ブタオの こんにちは』『ブタオの おひるね』(チャイルド本社)など、『キラキラ子どもブックガイド』で絵を担当。イベントなどさまざまな創作活動を展開中。

このページのトップへ