書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784794968111 C0095

まちばのゆうこくろん

犀の教室 街場の憂国論

定価(税込) : ¥1,870
表紙 著作者よみ : うちだたつる 
著者名 : 内田樹 著著書を検索
出版社 : 晶文社 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2013年10月5日
ジャンル : 随筆・エッセー
判型四六判/356頁
「先生、いったい日本はどうなってしまうんでしょう?」
行き過ぎた市場原理主義、国民を過酷な競争に駆り立てるグローバル化の波、排外的なナショナリストたちの跋扈、改憲派の危険な動き……未曾有の国難に対し、わたしたちはどう処すべきなのか? こうした日本が直面する危機に、誰も言えなかった天下の暴論でお答えします。脱グローバリズム、贈与経済への回帰、連帯の作法から「廃県置藩」論まで、日本の未来を憂うウチダ先生が説く、国を揺るがす危機への備え方。

目次

第1章 脱グローバル宣言、あるいは国民国家擁護のために
第2章 贈与経済への回帰
第3章 国を守るということ
第4章 国難の諸相
第5章 次世代にパスを送る
あとがき──「アンサング・ヒーロー」という生き方

著者略歴

1950年東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。武道家。神戸女学院大学文学部名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。多田塾甲南合気会師範。著書に『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『寝ながら学べる構造主義』(文春新書)、『「おじさん」的思考』(晶文社)、『先生はえらい』(ちくまプリマー新書)、『街場の文体論』(ミシマ社)、『修業論』(光文社新書)、『内田樹による内田樹』(140B)など多数。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』(新潮新書)で新書大賞2010受賞。第3回伊丹十三賞受賞。

このページのトップへ