書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87088-539-4 C3321

せんごくきくげしゃかいのしょようそう

日本史研究叢刊2 戦国期公家社会の諸様相

定価(税込) : ¥8,640
表紙 著作者よみ : ちゅうせいくげにっきけんきゅうかい 
著者名 : 中世公家日記研究会 編著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 1992年1月1日
判型A5/398頁
出版社在庫:品切
中世公家日記研究会のメンバーが、『実隆公記』『二水記』『後法成寺関白記』を主要史料に、公家領と家産経済・公家社会の交流・公家と武士・宗教と文化の世界の四つのテーマにまとめ、戦国期公家社会に挑む、気鋭あふれる論集である。@

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ