書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-7576-0292-2 C3022

とうだいおんがくのれきしてきけんきゅう

唐代音楽の歴史的研究 続巻 - 楽理篇・楽書篇・楽器篇・楽人篇

定価(税込) : ¥16,200
表紙 著作者よみ : きしべしげお 
著者名 : 岸辺成雄 著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2005年5月1日
ジャンル : 歴史一般
判型A5/737頁
西はシルクロードを経由して「遠くイラン、インドの流を汲み、東は日本、朝鮮等に統を伝え、アジアにまたがる国際的音楽文化の中軸」(「楽制篇」自序)となった中国唐代の音楽は、東洋音楽史研究の第一人者岸辺成雄博士の生涯を貫く壮大な研究の主題であった。今日では容易に接し得なかった論考の全容を全三冊として公刊した。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ