書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-7576-0189-5 C395

こばやしてんみんとかんさいぶんだんのけいせい

上方文庫26 小林天眠と関西文壇の形成

定価(税込) : ¥2,700
表紙 著作者よみ : しんどうまさひろ・たぐちみちあき・だんばらみすず・ますだちかこ 
著者名 : 真銅正宏・田口道昭・檀原みすず・増田周子 編著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2003年3月1日
ジャンル : 散文 - 近代・現代
判型四六判/287頁
小林天眠は明治30年代初頭の関西の文壇の中心に常に位置し、文学によって身を立てることを諦めた後も、一生涯文学を温かく支援し続けた。特に与謝野寛・晶子夫妻と深い交流をもった。時代のキーパーソンでありながら、今は文学史から半ば忘れ去られた天眠に脚光を当て、関西という土地と文学との関係を包括的に再考する。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ