書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87088-919-4 C395

こだいぶんがくとしんこうのたび

和泉選書113 古代文学と信仰の旅

定価(税込) : ¥2,420
表紙 著作者よみ : わだかずお 
著者名 : 和田嘉寿男 著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 1998年6月1日
ジャンル : 日本文学研究全般
判型B6/216頁
「衣ほしたり天の香具山」の御製歌は、はたして季節の推移を詠んだ叙景歌か。「小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず」というのは、ただ鹿鳴の哀調を愛でる風趣の歌でよいのか。実地の踏査を通して古代の真相を探ろうとした小論、小品集である。

このページのトップへ