書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784621086384

くもはなぜいとをつくるのか

クモはなぜ糸をつくるのか?

定価(税込) : ¥2,530
表紙 著作者よみ : みついえつこ 
著者名 : 三井 恵津子 訳著書を検索
出版社 : 丸善 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2013年6月27日
ジャンル : 科学一般
判型四六判/288頁
・クモはいたるところにいる。空中、地中、そして水中にも!クモはなぜこんなにも生息範囲を広げられたのか?
・糸の強さは鋼鉄の5倍!(重量比)なぜこれほどの強度が出せるのか?
・見る角度によって消える糸、水中で空気を保持する糸、投げ縄のように獲物に飛ばす糸・・・クモの糸はなぜ、多種多様な機能を獲得できたのか?
上記のような疑問に対する答えが、クモと糸の進化を追うなかで、明解に記されます。そして最終的には、生命の進化に思いをはせることができる一冊。

目次

1.化石
2.生きている化石
3.偶然と変化
4.外、上へと向かって
5.薄い空気にも負けずに
6.小さな変化、大きな利益
7.回転し、走り、跳び、泳ぐ
8.鉛直圏へ
9.因果関係
10.どうやって騙すか
11.‘完璧’以上
12.無限の種類

目次は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

著者略歴

お茶の水女子大学理学部化学科卒、東大院生物化学専攻、理学博士。東大理学部助手、マックスプランク研究所などを経て、1995年まで東京化学同人現代化学編集室勤務。著書『雌と雄のある世界』(集英社新書)、翻訳『ミドルワールド』(紀伊國屋書店)

このページのトップへ