書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87088-914-9 C3395

じょどうしのこうぶんきのうけんきゅう

研究叢書221 助動詞の構文機能研究 - 時枝詞辞論からの脱出

定価(税込) : ¥10,800
表紙 著作者よみ : しげみかずゆき 
著者名 : 重見一行 著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 1999年1月1日
ジャンル : 文法
判型A5/376頁
本書は、日本語の助動詞が動詞の複語尾とも言うべき「意味」と「機能」を有するものであることを、主として中古助動詞によって論証したものである。その点で、特に「意味」の面から時枝詞辞論を正面から体系的に批判した最初の書ともなっている。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ