書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87424-143-1 (4-87424-143-3) C3082

すくらんぶりんぐ

Linguistics Workshop Series 5 Scrambling

定価(税込) : ¥4,104
表紙 著作者よみ : とのいけしげお 
著者名 : Shigeo Tonoike 編著書を検索
Taro Kageyama 監修著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 1997年8月27日
ジャンル : 講座[一般向け]
判型A5/183頁
語順を自由に変えられる現象をとらえたScramblingの理論による様々な論考。Push Chains and Drag Chains/LF Undoing Effects of Scrambling などの論文が掲載。(英文書)

目次

Introduction: Issues Surrounding Scrambling
Shigeo Tonoike

Push Chains and Drag Chains:Complex Predicate Split in Dutch
Henk van Riemsdijk
 1. Introduction
 2. The Position of Stranded Prepositions
 3. Some Possible Scenarios
  3.1. Rightward Movement of the Stranded Preposition
  3.2. Rightward Movement of the Whole PP
  3.3. Leftward Movment of the Predicate Extension (PE)
 4. Headiness, Heaviness, Category Confusion and Focal Accent
 5. Conclusion

LF Undoing Effects of Scrambling
Jun Abe
 1. Introduction
 2. The Last Resort Nature of LF Undoing
 3. Modification of Takahashi's Analysis
 4. Cases of Obligatory Undoing

Scrambling―Locality, Economy, and Directionality
Hubert Haider
 1. Introduction
 2. Facts (mainly German)
 3. Theoretical Approaches
 4. Locality and Economy
  4.1 An Alleged Case of Long Distance Scrambling in German
  4.2 Locality
  4.3 Economy
 5. Directionality
 6. Results

Against a Rightward Movement Analysis of Extraposition and Rightward Scrambling in Hindi
Anoop Mahajan
 1. Introduction
 2. Some Basic Facts about Hindi Syntax
 3. Rightward Scrambling
  3.1. Rightward Scrambling and Variable Binding
  3.2. Rightward Scrambling and Anaphor Binding
  3.3. Rightward Scrambling and Condition C Effects
  3.4. Multiple Rightward Scrambling
 4. Extraposition
  4.1. Complement Clause Extraposition
  4.2. Extraposition and Rightward Scrambling
  4.3. Relative Clause Extraposition and Rightward Scrambling
  4.4. Relative Clause Extraposition and Complement Clause Extraposition
 5. Conclusion

On Scrambling―Scrambling as a Base-generated Scopal Construction―
Shigeo Tonoike
 1. Introduction
 2. Problems with Scrambling
 3. Solution of the Motivation and Economy Problems
 4. Solution of the Typology Problem
 5. A/A' Distinction and Binding of Anaphors
 6. "Reconstruction", Proper Binding and Chain Binding
  6.1. Saito (1989)
  6.2. An Alternative: the Copy Theory of Trace and Complementary Deletion
 7. Case and Chain
 8. Argument-Adjunct Asymmetry
 9. Subjacency, Resumptive Pronouns and Uniformity
 10. Concluding Remarks

著者略歴

所属は執筆時のものです

Henk van Riemsdijk: Department of Language and Literature, Tilburg University

Jun Abe: Department of European and American Studies, Toyo Women’s College

Hubert Haider: Institut für Sprachwissenschaft, der Universität Salzblurg

Anoop Mahajan: Department of Linguistics, University of California

Shigeo Tonoike: Department of English, Meiji Gakuin University

著者からのコメント

日本語で「昨日山田は神田で古本を買った」という文は「買った」という部分を除いて、他の要素の順序を例えば「古本を昨日山田は神田で買った」のように自由に変えることができることは良く知られた事実ですが、このような語順自由の現象をRossという学者はScramblingという変形規則によって捉えようとしました。今から30年ほど前のことです。その後日本語、ワルピリ語、ヒンズー語、ドイツ語など広範な「自由語順言語」に関してScramblingの現象は一方は移動変形であるという立場から他方は(Scramblingを示す言語は、英語のようにこれを見せない言語とはタイプが全く異なるという立場も含めて)移動という操作を使わない立場まで、様々な分析が様々な言語に対して提出されてきました。本書はそのような中にあって、Scramblingと呼ばれている現象が一枚岩の均質の現象であるのかどうかということまで遡って、できるだけ多様なScrambling言語についての研究者を一堂に集めて、現象面、理論面から互いに意見を交換する中で、かなり確立したといって良い点とまだまだ今後の研究が必要な点を見極めようという目標をもって1994年に明治学院大学で開かれたTokyo Scrambling FestivalのProceedingsです。時期的な問題、経費の都合などでScrambling研究全体を網羅することはできなかったものの、それぞれの主だったScrambling言語および分析の立場をカバーしています。また1994年というのはミニマリズムが提唱されて間もない頃で、それぞれの寄稿者はこの点からの問題意識(例えばScramblingと経済性の問題など)に立って、Scramblingという現象をそれぞれの立場から論じています。今後、日本語およびその他の言語におけるScramblingの分析を目指す若手研究者にとって、今後どのようなことを留意して研究を進めるべきか、どのような立場があり得るかなどを明らかに示してくれる有用な参考文献になるものと自負しています。(外池滋生)

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ