書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784062597685 C2347

しょくどうがんただしいちしきでよりよいちりょうを

健康ライブラリーイラスト版 食道がん 正しい知識でより良い治療を

定価(税込) : ¥1,320
表紙 著作者よみ : ほそかわ まさお 
著者名 : 細川 正夫 監修著書を検索
出版社 : 講談社 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2012年10月11日
ジャンル : 医学、薬学
判型B5/102頁
食道がんは、発生数は少ないが、進行が早く、周囲にも転移しやすい厄介ながん。治療は時間との闘いとなる。近年有名人の罹患が相次ぎ、たいへん注目されている。食道がんの手術は難しく、体への負担も大きい。進行して切除不能の場合もよくみられる。また治療後の食生活の変化が大きく、患者が悩むことも多い。
 本書では、患者がより良い治療を選択するために、ぜひとも知っておきたい情報と、QOL(生活の質)を維持するための工夫やヒントを厳選して提供する。食道がんの名医が贈る決定版!

〔本書の主なポイント〕
●食道がんは発生率は高くないが、進行が早い厄介ながん
●飲酒で顔が赤くなる中高年男性は要注意
●食道がんの九割以上が扁平上皮がん。腺がんが増加中
●治療法の中心は手術療法。食道の切除と再建、リンパ節郭清が基本
●ごく初期なら内視鏡治療が可能。負担は少ないがリスクもある
●病期によっては、手術に匹敵する効果がある化学放射線療法
●重粒子線治療などの最新治療は十分に情報を集めてから判断する
●退院後二年間は三〜四ヵ月に一回通院検査。がんの再発を警戒する

目次

第1章  食道がんの正しい知識を身につける
食道の仕組みと働き/進行、転移のしかた
第2章  食道がんの正体を詳しく調べる
発見から診断まで/ステージ分類/治療選択のポイント
第3章  がんの切除を決断する
開腹手術、鏡視下手術/手術の合併症/内視鏡的治療
第4章  抗がん剤や放射線でがんを根絶する
化学放射線療法/サルベージ治療/緩和医療
第5章  治療の苦しさはリハビリで軽減できる
治療後の食事、リハビリ/手術後の生活/社会復帰

著者略歴

1968年北海道大学医学部卒業。69年市立旭川病院、71年国立がん研究センター中央病院外科レジデント、74年北海道大学病院第2外科(現、消化器外科2)。81年恵佑会札幌病院を開設し、院長。84年理事長兼院長。2010年より院長を退き、理事長職をはたしながら、一外科医として毎日、食道がんを主に手術をおこなっている。専門は消化器の悪性腫瘍、特に食道がん。恵佑会札幌病院は、悪性腫瘍の症例数が全国有数で、特に食道がんの治療に関しては全国の指導的立場にある。

このページのトップへ