書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784757221338 C0136

えーぶいじょゆうのしょくぎょうびょう

AV女優の職業病

定価(税込) : ¥713
表紙 著作者よみ : さかいあゆみ 
著者名 : 酒井あゆみ 著著書を検索
出版社 : アスペクト 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2016年6月30日
ジャンル : 社会学
判型文庫/224頁
元風俗嬢・AV女優のノンフィクション作家、酒井あゆみ氏が、AV女優という仕事を職業病(リスク)という切り口で紹介する業界物語。
 AV女優という仕事は、傍目には「お金を稼げる」「有名になれる」という印象があるため、現在は志願者が尽きないという。だが、実際に「単体」として成功するのは一握りで、大半は激安ギャラの「企画」で終わってしまう上、性病、中出し、親バレ、浪費癖など、さまざまな心身両面のリスクがある。

著者略歴

酒井あゆみ 1971年生まれ。ノンフィクション作家。高校卒業後、18歳から22歳までの間に、風俗嬢(ファッションヘルス、性感マッサージ、ソープランド、ホテトルなど)やAV女優を経験。その後、AVプロダクションを設立。1994年より、自分の経験をベースに、風俗嬢のルポを中心とした執筆活動を開始。『撮影現場にきた女たち』(二見書房)、『売春論 love for sell』(河出書房新社)、『セックスエリート 年収1億円、伝説の風俗嬢をさがして』『レンタル彼氏』(幻冬舎)など、著書多数。

このページのトップへ