書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784874245491 C3080

にっちゅうりろんげんごがくのしんてんぼうに いみとこうぶん

日中理論言語学の新展望2 意味と構文

定価(税込) : ¥3,520
表紙 著作者よみ : かげやまたろう/しんりき 
著者名 : 影山太郎・沈 力 編著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2012年4月12日
ジャンル : 統語論
判型A5/208頁
これまでほとんどなされてこなかった日本と中国の理論言語学者の交流から生まれた、両国を包括した理論言語学研究の新しい展望を拓いた論文集。シリーズ第2巻となる本書は「意味と構文」というテーマのもと、日本語と中国語それぞれの研究のみならず、対照研究や類型論的研究など幅広い分野を収録。一般言語学にも寄与し得る学術的提言を行うことを目指した、最新の研究成果が満載。

目次

1. テンスの有無と事象の叙述様式
 ―日本語と中国語の対照―
井上 優

2. 付加詞主語構文の属性叙述機能
  影山太郎・沈 力

3. Nノコトダカラ構文の意味分析
  益岡隆志

4. コピュラ文の諸相
風間伸次郎

5. 「体験」型デキゴトをめぐる研究の経緯と新展開
  定延利之

6. 中国語における姿勢形成と空間移動
  ―終端プロファイリングによる系列動作統合の視点より―
杉村博文

7. 閩南語における方位・構文・解釈
 连金发

8. 現代中国語における<変化>事象の捉えかたと構文特徴
古川 裕

著者略歴

影山太郎(国立国語研究所所長,関西学院大学名誉教授)
沈 力(同志社大学文化情報学部教授)

このページのトップへ