書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87424-356-5 (4-87424-356-8) C3081

にほんごぶんぽうのしんちへい

日本語文法の新地平1 - 形態・叙述内容編

定価(税込) : ¥4,180
表紙 著作者よみ : ますおかたかし/のだひさし/もりやまたくろう 
著者名 : 益岡隆志/野田尚史/森山卓郎 編著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2006年10月28日
ジャンル : 文法
判型A5/201頁/内容
日本語文法の最先端の研究報告書。全3巻(3巻箱入りも限定発売)。【本編の執筆陣】影山太郎/小林英樹/山東功/定延利之/張麟声/日高水穂/安達太郎/三原健一/金水敏/佐野由紀子/野田尚史

目次

外項複合語と叙述のタイプ   影山太郎

漢語サ変動詞の意味・用法の記述的研究
 −「救助(する)」,「救出(する)」などをめぐって−   小林英樹

非四段活用論の系譜   山東功

動態表現における体験と知識   定延利之

現代日本語の存在表現   張麟声

「のこと」の機能−話しことばにおける新しい格表示−   日高水穂

ひと名詞の意味と文法   安達太郎

日本語受動文の統一的扱いに向けて   三原健一

「〜でいる」について   金水敏

あり方に関わる副詞としての「よく」について   佐野由紀子

語の順序・成分の順序・文の順序
−順序の自由度と順序の動機−   野田尚史

あとがき

著者略歴

◆編集者
益岡隆志(ますおか・たかし) 神戸市外国語大学
野田尚史(のだ・ひさし) 大阪府立大学
森山卓郎(もりやま・たくろう) 京都教育大学

このページのトップへ