書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-87424-524-8

こくごいしきのはっせい

古田東朔 近現代 日本語生成史コレクション 第2巻 国語意識の発生 - 国語史2

定価(税込) : ¥9,350
表紙 著作者よみ : ふるたとうさく 
著者名 : 古田東朔 著著書を検索
鈴木泰/清水康行/山東功/古田啓 編著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2011年7月5日
ジャンル : 全集・著作集
判型A5/417頁
日本語史・日本語学史・国語教育に大きな影響を与え続けてきた、古田東朔の著作集全6巻の第3回配本。本巻では、主に明治以降の国語史関連の論考、特に「国語」意識に関わるものを中心に集録。

目次

1 日本語における近代化の一傾向―文末辞から見た「標準語」の形成過程
2 日本語の一世紀
3 標準語
4 現代の文法
5 国語意識の発生
6 「国語」という語
7 コグゴ? クニコトバ?
8 「俗語」から「口語」へ―その一
9 口語文法の成立
10 「口語」ということば
11 口語法へ
12 『口語法』の規定
13 明治以降の意味の変化
14 変体がなからひらがなへ
15 「●(※「さ」に半濁音の「〇」)」という表記
16 「な、もし」はおかしいと思うんじゃがなもし―『坊つちやん』の松山弁

著者略歴

古田東朔(ふるた・とうさく)
国語学者。東京大学教養学部名誉教授。1925年愛媛県に生まれる。東京大学国文科卒業。福岡女子大学助教授を経て、1964年東京大学教養学部助教授、同教授となり、1986年定年退官。その後、放送大学教授、鶴見大学教授を歴任。

このページのトップへ