書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-7576-0913-6 C1321

わかのうらたまつしまのれきし

シリーズ 扉をひらく 5 和歌の浦・玉津島の歴史 - その景観・文化と政治

定価(税込) : ¥2,160
表紙 著作者よみ : ふじもとせいじろう 
著者名 : 藤本清二郎 著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2019年6月25日
ジャンル : 日本史(概論・通史・資料)
判型A5/192頁
本書は和歌の浦「玉津島」の通史である。玉津島という聖地性のある場所と、近世に天皇・上皇との繋がりをもった玉津島社の歴史を、古代から近代初頭期までを通して描いた。
筆者は、30年前から和歌の浦を歩いて、(「ブラタモリ」より早くから)土地の高低、道の通りを把握しつつ歴史をイメージしてきたが、本書で次のような新説を提起した。
すなわち、「弱浜」(干潟景観)に囲まれた、雑賀山から陸地としてつながる岬があり、玉津島山はその先端部の半球状の山(現奠供山)のことと確信した。この地は日前宮紀氏(国造家)が地域支配(「珠津嶋祭」等)を行い、民衆が自然を崇拝しつつ地理的環境を認識して生活していた。
本書の4分の3は近世玉津島社が天皇・上皇と関わった歴史を述べている。
玉津島神社には、和歌・美術作品のほか、近世古文書が多数保存されてきた。紙背文書、断簡に至るまで解読し、近世玉津島社の政治・文化・信仰・生活を具体的に解明したが、とりわけ女帝後桜町天皇(上皇)と地元の画家桑山玉洲に注目した。

目次

はじめに
 1 玉津島の古代・中世
【1】玉津島のはじまり―万葉の世界、景観と政治と文化―
古代の地形/古代の陸地生活面/紀氏集団/紀氏の「聖地玉津島」/聖武天皇の玉津島行幸/玉津島と「頓宮」/「岡の東」の「離宮」/山辺赤人の叙景歌/雑賀野/陸と海の境目/詔の解釈/地理的事実/明光/弱浜/改名の政治的意味/守戸/若浦/雑賀の浦/海民/称徳天皇の行幸/桓武天皇の行幸
【2】 あこがれの玉津島社―和歌の世界と参詣―
藤原公任の玉津島参詣/和歌浦・吹上浜/玉津島社の祭神/御子左家の玉津島崇敬/慕帰絵詞と玉津島社頭/「若の浦」と「和歌の浦」/「和歌浦」表記の性格変化/玉津島明神/歌僧のリアルな眼/室町・戦国期の「玉津島」
【3】 中世、紀ノ川地域の政治社会と玉津島
天野社の玉津島「浜降」神事/日前宮の「珠津嶋祭」/丹生祝と紀伊国造/飛鳥井雅永・雅親の紀州下向/玉津島社社家高松氏/中世の玉津島道/日前宮〜玉津島の道

2 近世武家社会の玉津島社
【1】秀吉の紀州「平均」と玉津島          
秀吉の玉津島参詣/和歌山城築城と命名
【2】紀州淺野家と和歌の浦・玉津島
天満天神社神殿造立/玉出島神殿再興/名古屋城障壁画の世界
【3】徳川頼宣による社頭整備、拡充―徳川の玉津島―
社領の整備と鳥居/神殿の修復と拝殿造立/社頭の拡充と社領加増/和歌三社の祈祷/東照宮の境内/雲蓋院の支配/奉納短冊の虫干し/玉津島社神主高松家
【4】将軍・藩主・村方
将軍綱吉の玉津島社代参―藩主光貞時代/聖護院宮と玉津島社/徳川吉宗の対応/宗直の積極支援と将軍/和歌村村民の支援

3 玉津島社の和歌文化と天皇・上皇
【1】祭礼の復活
卜部兼連の勘文と藩主頼宣/頼宣による祭典の実施、代参
【2】 近世の法楽と玉津島社
寛文四年の法楽/天和三年の法楽/延享元年の法楽/その後の法楽、奉納和歌
【3】春秋祭礼への禁裏・仙洞使者
藩主代参と明和三年春秋祭礼/禁裏・仙洞使者派遣の発端/京都所司代と紀州藩屋敷/祭礼用戸帳・幔幕の寄付/春秋祭礼の使者/到着後の手続き/到着までの準備
【4】祭典の内容
幔幕/村方の人足提供/紀州藩の諸費用負担/使者一覧と随行者/使者の派遣回数、階層/祭典の次第/祝詞/祭典供物
【5】後桜町上皇の玉津島社参詣
後桜町上皇/「御社参」の記憶/「御社参」についての聞き取り/社参の装束・駕籠/社参の準備過程/「表向」(和歌山藩府)の管轄
【6】和歌奉納と伝授祈祷の文化
霊元院歌壇と中院通躬/各種の和歌奉納/吹上八景手鑑の奉納/江戸冷泉門/古今集伝授/伊勢物語伝授

4 和歌の浦・玉津島の近世景観文化
【1】和歌浦・玉津島社を訪れる人々
「名所」の成立/文人の来訪/熊野参詣/西国巡礼/武家の紀行文と挿絵/民衆の狂歌/禁裏随行者の紀行文/和歌の浦の土産
【2】和歌の浦を描いた絵画
淺野期の障壁画/東照宮縁起絵巻―近世絵巻物の始り/狩野探幽・古信の絵巻物―絵巻物の展開/桑山玉洲―絵巻のさらなる展開/熊中奇観―東南からの鳥瞰/刷り物への展開/屏風絵/再び玉洲図

5 近世中後期、神主家の人々
【1】神主高松氏と歌道・国学―房隆・房雄―
神主家高松氏/冷泉家門弟 高松房隆/本居宣長と高松房雄/稻掛大平と房雄/「玉鉾百首解」/祈祷所設置と諸祈願
【2】玉津島社の周辺環境
「望海楼遺址碑」建立/古代望海楼の場所推定/和歌の浦、山々の名称/社家宅/玉津嶋社住居向御普請/社頭の再整備
【3】山上「拝所」の設置―房躬―
拝所設置の概要/「奠供山碑」/二つの構想/卯の日講、領内勧化/「卯の日講」(家臣勧化)/卯の日講=頼母子講/「望祀の礼」、禁裏との交渉/拝所「再興」の背景・意図/仁井田の論理不足と思い込み/神主房躬の思い/「拝所」の景観/地域民衆の「卯日講」/不老橋架橋
【4】玉津島社の明治維新
和宮江戸下向と玉津島社/祭礼使者の城下表通行/通行道変更の情勢/祈祷所造立/短冊虫干し、雲蓋院排除要求/紀州藩の玉津島社経費/新政府下禁裏への借金願い/神祇官直支配願い/新政府下和歌山藩との関係/春秋祭礼使者の終了/明治期の姿―おわりに

収録写真・図版一覧
あとがき
典拠および関係文献

著者略歴

1949年 兵庫県生まれ
1978年 広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学
1998年 博士(文学)(広島大学)
2014年 和歌山大学(教育学部)退職
現在   和歌山大学名誉教授

主要編著書
『和歌の浦 歴史と文学』(共編著)和泉書院 1993年
『和歌の浦百景 古写真で見る「名勝」の歴史』(編著)東方出版 1993年
『和歌山・高野山と紀ノ川 街道の日本史35』(共編著)吉川弘文館 2003年
『近世身分社会の仲間構造』部落問題研究所 2011年
『増補版 歴史的景観としての和歌の浦』(共著)ウィング出版部 2013年
『城下町世界の生活史 没落と再生の視点から』清文堂出版2014年
『紀州藩主 徳川吉宗 明君伝説・宝永地震・隠密御用』吉川弘文館 2016年

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ