書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-7576-0887-0 C1095

かしんとこきんでんじゅ

歌神と古今伝受

定価(税込) : ¥3,240
表紙 著作者よみ : つるさきひろお 
著者名 : 鶴崎裕雄 編著著書を検索
小高道子 編著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2018年10月31日
ジャンル : 韻文(和歌、短歌、俳句など)
判型A5/328頁
平成二十八年十二月、玉津島神社にも協賛を仰ぎ、住吉大社においてシンポジウム「歌神と古今伝受」が開催された。これを契機にして、歌神と歌道について種々の視点からの論考を集めたのが本書である。内容は、歌神に対する信仰と歌道(和歌両神・和歌三神・古今伝受・奉納和歌)、歌神と地域との関り(紀州の青石・中世都市堺・蟻通神社)、猪苗代家の古今伝受など多岐にわたる。歌神の加護のもとに継承された歌道についての、新たな視点による学際的研究論集である。

目次

敷島の道を照らします住吉明神 住吉大社宮司 高井道弘
和歌のふるさと―玉津島 玉津島神社宮司 遠北明彦
『歌神と古今伝受』刊行によせて 帝塚山学院理事長 野村正朗

【歌神】
住吉神が「歌神」になる時 深津睦夫
衣通姫と玉津島神社―歌神伝承の形成と津守氏― 三木雅博
住吉玉津島社と紀州青石 付 荘厳浄土寺蔵『宝暦二年住吉玉津島社奉納和歌』(翻刻) 小出英詞
和歌三神柿本人麿と「柿本神社(島根県益田市)」 芦田耕一
江戸時代前期における歌人たちの人麻呂意識―和歌三神奉納和歌からの考察―  神道宗紀

【歌神の周辺】
住之江から和歌浦へ―歌神と古今伝受の土壌― 鶴崎裕雄
海神から歌神へ―住吉・堺・和歌の浦― 吉田 豊
衣通姫・茅淳宮伝承の形成―伝承・地誌・歌神― 廣田浩治
能「蟻通」と穴通し―「目に見えぬ鬼神」(『古今和歌集』序)をめぐって― 山村規子

【奉納和歌】
古今伝受から御所伝受へ―歌神と古今伝受後奉納和歌― 小高道子
三藐院近衛信尹詠「住吉法楽一夜百首」のこと 大谷俊太
後桜町天皇御製「御法楽五十首和歌」(住吉大社蔵)をめぐって 小林一彦

【古今伝受】
「堺伝授」のふるさと「堺」をめぐって 倉橋昌之
近世歌学書のなかの「古今伝受」 西田正宏
猪苗代家の古今伝受―京都府立山城郷土資料館寄託資料を中心に― 綿抜豊昭
翻刻・京都府立山城郷土資料館辻井家寄託猪苗代家古今伝受関係資料 鶴崎裕雄・綿抜豊昭

あとがき 鶴崎裕雄・小高道子

著者略歴

鶴崎裕雄(つるさき ひろお)帝塚山学院大学名誉教授
小高道子(おだか みちこ)中京大学教授

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ