書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-327-23802-5 C3382

ことばのきそにどうしとこうぶん

英文法を解き明かす――現代英語の文法と語法2 ことばの基礎2 動詞と構文

定価(税込) : ¥2,484
表紙 著作者よみ : うちだせいじ/やぎかつまさ/やすいいずみ 
著者名 : 内田聖二/八木克正/安井 泉 編著書を検索
大室剛志 著著書を検索
出版社 : 研究社 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2018年8月22日
ジャンル : 文法
判型A5/210頁
英文法を構成する「核」と「周辺」

文法とは様々なルールの集積である。本書は、英文法が、「核」となる構文(=基本形)と、そのまわりにある「周辺」的な構文(=変種)の寄せ集めで構成されていることを明らかにする。取り上げた構文は、同族目的語構文、動作表現構文、使役構文、半動名詞構文など。これらの構文について、コーパスをはじめとする言語資料を活用し、その実態を実証的に探り出す。さらに、こうした英語学の研究が、英語教育にいかに貢献できるかについても触れる。

目次

第1章 基本形と変種
第2章 自動詞と同族目的語構文
第3章 自動詞と動作表現構文
第4章 自動詞とOne’s Way構文
第5章 他動詞と使役構文
第6章 他動詞と半動名詞構文
第7章 他動詞と構文イディオムYou scared the living daylights out of me.
第8章 他「動詞」’d rather +S構文
第9章 結語

著者略歴

大室剛志(おおむろ たけし) 名古屋大学大学院文学研究科教授。1986年、筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程単位取得退学。2000-2001年、ハーヴァード大学言語学科客員研究員。専門は、生成文法、動的文法理論、概念意味論。著書に、『入門 生成言語理論』(共著、ひつじ書房、2000年)、『意味論』(共著、朝倉書店、2012年)、『概念意味論の基礎』(開拓社、2017年)ある。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ