書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784874247549 C1387

かんこくごきょういくろんこうざ だいさんかん

韓国語教育論講座 第3巻

定価(税込) : ¥5,616
表紙 著作者よみ : のま ひでき 
著者名 : 野間秀樹 編著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2018年2月15日
ジャンル : 総論
判型A5/704頁
日本語で書かれたはじめての韓国語教育・韓国語学の総合講座(第4回配本)。第3巻は、対照言語学・類型論・語彙史・文法史・文字史・共和国/延辺/中央アジアの朝鮮語・宗教と言語で構成。韓国語がいかに生まれ、成立し、どんなふうに広がり、変化しているかに迫る。

目次

〈対照する〉ということ −言語学の思考原理としての〈対照〉という方法− 野間秀樹

形態論的類型論とその発展 −日本語・韓国語の膠着語性の観点から− 峰岸真琴

受動表現の類型と起源 鷲尾龍一

ほか

著者略歴

野間 秀樹(のま・ひでき)
明治学院大学教養教育センター特命教授.東京外国語大学大学院教授,国際教養大学客員教授,明治学院大学客員教授を経て現職.東京外国語大学大学院修士課程修了.言語論,朝鮮言語学,日韓対照言語学,韓国語教育.論著に『ハングルの誕生 ―音から文字を創る』(平凡社.アジア・太平洋賞大賞),『韓国語をいかに学ぶか ―日本語話者のために』(平凡社),編著に『韓国・朝鮮の知を読む』(クオン.パピルス賞)など.大韓民国文化褒章.ハングル学会周時経学術賞.

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ