書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:978-4-327-48166-7 C3098

はなをみつめるしじんたち

花を見つめる詩人たち - マーヴェルの庭とワーズワスの庭

定価(税込) : ¥5,400
表紙 著作者よみ : よしなかたかし 
著者名 : 吉中孝志 著著書を検索
出版社 : 研究社 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2017年12月20日
ジャンル : イギリス文学研究
判型A5変/400頁
「庭」をめぐるイギリス詩を精読する

 17世紀の形而上詩人アンドリュー・マーヴェルと、ロマン派を代表する詩人ウィリアム・ワーズワス。そして二人を思想的に繋ぐヘンリー・ヴォーン。共通して庭や植物に興味をもったこれらの詩人たちの作品を、ネット環境の飛躍的な進歩で可能になった一次資料をも駆使しながら緻密かつ実証的に読み込む。この分野での代表的な著作である川崎寿彦『マーヴェルの庭』(1974年)、『庭のイングランド』(1983年)の知見を更新する一書。

目次

序 章
第一章 マーヴェルの「庭」と一七世紀の庭
第二章 庭のセクシュアリティー ―マーヴェルは、なぜ耕さないのか?―
第三章 アダムの肋骨とマーヴェルの庭
    インタールード:花を見つめる詩人たち―ヴォーンとワーズワス―
第四章 場所としてのワーズワスの庭
第五章 ワーズワスの庭と所有の不安

著者略歴

吉中孝志(よしなか たかし) 1959年生、広島県出身。広島大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期修了(1986)、オックスフォード大学大学院英文学科M.Litt. course修了(1989)、同大学院D.Phil. course修了(1998)。関西大学を経て現職。著書に、Marvell's Ambivalence: Religion and the Politics of Imagination in Mid-Seventeenth-Century England (Cambridge: D. S. Brewer, 2011)、 『名前で読み解く英文学――シェイクスピアとその前後の詩人たち』(広島大学出版会 2012年)、訳書に『ヘンリー・ヴォーン詩集――光と平安を求めて』(広島大学出版会 2006年)がある。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ