書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784757608467 C0321

ひょうでんことばおおしおへいはちろうへのみち

IZUMIBOOKS 評伝/ことば 大塩平八郎への道

定価(税込) : ¥1,728
表紙 著作者よみ : もりたやすお 
著者名 : 森田康夫 著著書を検索
出版社 : 和泉書院 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2017年11月10日
ジャンル : 日本史(近世)
判型四六判/184頁
大塩評価はその思想構造から読み解かねばならない。しかしこれまでの大塩論は、事件の功罪からそれを非とするものは、大塩を狂とみてその学問まで揶揄し、事件に共感するものは社会主義思想として飛躍するも、学問の本質まで尋ねることはなかった。また幕末の歴史事情から事件を理解しても、その思想的本質を前近代思想の中に封じ込め、維新との関係を断ち切った。本書はその意味からも先行の大塩論を一新し、近代に顔を向けた大塩評伝であり、その思想を読み解くものである。

目次

凡例
評伝 大塩平八郎への道
はじめに
1 生い立ち
2 大坂町奉行所―平八郎の自覚
3 『呻吟語』との出会い
4 『孝経』を起点に
5 良知を致して太虚に帰す
6 政冶と社会的腐敗の告発
7 洗心洞塾・大塩後素
8 『洗心洞箚記』とその奉納・焚書一件
9 幕藩体制批判の政治哲学―『古本大学刮目』
10 小人に国家を治めしめば災害並び至る
11 聖人待望
12 捨て石―死生を一にす
おわりに―大塩思想をどう見るか

大思平八郎の言葉―思想を読みとく
1 基軸思想
太虚/良知/孝/天地万物一体之仁/孔孟学/天人合一
2 学問観
朱子学批判/学問/陽明学/事上練磨/洗心洞学塾/王陽明先生/(参考)詩文観
3 学問方法
格物致知/性/知行合一/同党異伐/至善/天命を知る/意必固我/(参考)理気一元論/(参考)本末/(参考)四言教
4 道徳観
慎独/至徳要道/『孝経観』/明明徳/親民/私欲の蔽/仁/修身/誠意正心
5 為政観
国家の財/『大学』/公正無私(周官)/政道批判(檄文)/(参考)悪を除く/(参考)権の行使
6 歴史に学ぶ
三代の冶/史伝/聖人/周孔
7 人間論
自省/頼山陽観/隠者(自由人)/(参考)狂狷/(参考)清廉潔白

引用文献一覧
参考文献一覧
あとがき

著者略歴

1930年、大阪市生まれ。立命館大学大学院日本史研究科修士課程修了・文学博士。樟蔭東女子短期大学名誉教授。

この本を購入する
紀伊国屋書店 / amazon / 楽天ブックス / ブックサービス(クロネコヤマト) / e-hon / j-book / Honya Club / ジュンク堂 / bk1 / ライブドアブックス / セブンネットショッピング
書店の店頭在庫の確認
紀伊國屋書店新宿本店 / ジュンク堂書店池袋本店 / 旭屋倶楽部 / 三省堂書店・岩波ブックセンター
海外からのご注文は
日本出版貿易

このページのトップへ