書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784272408979 C8361

のうぎょうのはつめいはっけんものがたり

農業の発明発見物語 農業の発明発見物語2 - 野菜の物語

定価(税込) : ¥2,750
表紙 著作者よみ : こいずみ みつひさ 
著者名 : 小泉光久 著著書を検索
今田成雄 監修著書を検索
堀江篤史 画著書を検索
出版社 : 大月書店 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2015年8月24日
ジャンル : 農林水産
判型A4変/64頁
古代、人間は自然のなかに自生している野生の植物を食べていた。その後、「おいしい」「たくさんとれる」など、人間に都合のいいように品種改良して、現在の野菜が生まれた。原産地も含めて、身近な野菜たちのルーツをたどる。

◆既刊
?@米の物語
◆続巻
?B果物の物語(2015年10月)
?C食肉の物語(2015年12月)

著者略歴

ライター、エディター。主な作品『日本の農業』(構成・文、岩崎書店)、『身近な魚のものがたり』(著、くもん出版)、『農業に奇跡を起こした人たち(全4巻)』(著、汐文社)、『お米が実った!―津波被害から立ち上がった人びと』(著、汐文社)ほか。

このページのトップへ