書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784874245040 C3081

にほんご きんだいへのあゆみ

古田東朔 近現代 日本語生成史コレクション 第4巻 日本語 近代への歩み - 国語学史2

定価(税込) : ¥8,250
表紙 著作者よみ : ふるたとうさく 
著者名 : 古田東朔 著著書を検索
山東功 注著書を検索
鈴木泰 清水康行 山東功 古田啓 編著書を検索
出版社 : くろしお出版 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2010年11月4日
ジャンル : 全集・著作集
判型A5/360頁
日本語史・日本語学史・国語教育に大きな影響を与え続けてきた、古田東朔の著作集全6巻の第2回配本。本巻では、 幕末・明治以降の日本語研究史に関する諸論考の中から、文字・文法・語彙・国語施策についての論文を収録。

目次

1  音義派「五十音図」「かなづかい」の採用と廃止
2  文法研究の歴史
3  品詞分類概念の移入とその受容過程
4  登尓波考
5  『訳和蘭文語』から『小学日本文典』、『日本文典』へ
6  日本文典に及ぼした洋文典の影響―特に明治前期における
7  明治前期の洋風日本文典
8  明治以後最初に公刊された洋風日本文典―古川正雄著『絵入智慧の環』について
9  中金正衡の『大倭語学手引草』
10 西周『百学連環』『知説』中の文法説について―明治初期洋風日本文典考1
11 中根淑『日本文典』の拠ったもの―明治初期洋風日本文典考2
12 田中義廉『小学日本文典』の拠ったもの―明治初期洋風日本文典考3
13 物集高見博士『日本文語』の拠ったもの―明治初期洋風日本文典考4
14 大槻文彦の文法
15 「海」へ注いだ流れの一つ―『小学読本』と『言海』
16 明治以降の国字問題の展開
17 明治から終戦までの教科書に表れた国語施策

著者略歴

古田東朔(ふるた・とうさく)
国語学者。東京大学教養学部名誉教授。1925年愛媛県に生まれる。東京大学国文科卒業。福岡女子大学助教授を経て、1964年東京大学教養学部助教授、同教授となり、1986年定年退官。その後、放送大学教授、鶴見大学教授を歴任。

編集者からのコメント

シリーズの概要がわかるWEBサイトを展開中。
http://furuta.9640.jp/

このページのトップへ