書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784839956851 C2076

しけんびしゃのぎゃくしゅう

マイナビ将棋BOOKS 四間飛車の逆襲

定価(税込) : ¥1,694
表紙 著作者よみ : いしいけんたろう 
著者名 : 石井 健太郎 著著書を検索
出版社 : 毎日コミュニケーションズ 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年8月18日
ジャンル : 芸術その他
判型四六判/0頁
昔から人気のある角道を止める四間飛車。アマチュアでは現在でもよく指される戦法ですが、強敵穴熊の台頭によりプロ間での採用はめっきり減ってしまいました。

そのような現状において、プロの中でも数少ない四間飛車を得意とする石井健太郎四段がこれまでにない対居飛車穴熊の戦術書を書き上げました。

本書は「勝つためには新しい工夫を考える必要があった(まえがきより)」とあるように、石井四段ならではの研究が組み込まれています。「勝つための新しい工夫」、それは石井四段のもう一つの得意戦法である“矢倉”の「厚み」や「縦の攻め」を取り入れていること。堅さや遠さで勝る穴熊に対し、矢倉の要素が加わった新感覚の四間飛車で挑みます。


第1章〜第3章では先手四間飛車の「▲6六銀型」から積極的に動く形を紹介。穴熊側の作戦も「△8四角型」「△4二角型」「松尾穴熊」と実戦に現れやすい3つの形を題材に取り上げています。
第4章「△5四銀型」と第5章「△3二銀型」では後手番での四間飛車を解説。積極的な先手四間飛車とは違い、穴熊側が動いてきたところを反撃するカウンター狙いが作戦の軸となります。

四間飛車で戦い続ける著者が自身の研究を惜しみなく書いた渾身の一冊。ぜひ本書で今もなお進化している四間飛車を体感してください。

目次

序章 四間飛車の基本

第1章 対△8四角型

第2章 対△4二角型

第3章 対松尾穴熊

第4章 △5四銀型
第1節 △9五歩型
第2節 △6四歩保留型

第5章 △3二銀型

第6章 実戦解説編
第1局 中座真七段戦
第2局 三枚堂達也四段戦
第3局 日浦市郎八段戦

コラム(1) 記録係
コラム(2) 将棋とサッカー
コラム(3) 強くなる方法
コラム(4) 詰将棋創作の楽しみ

著者略歴

1992年4月13日生まれ、千葉県千葉市出身。 2004年6級で所司和晴七段門。2013年4月1日 四段。 手厚い棋風で、四間飛車や矢倉を得意とする期待の若手棋士。 奨励会三段時には第1期加古川青流戦でベスト4進出。第41期棋王戦では挑戦者決定トーナメント入りを果たしている。 今回が初の著作となる。

このページのトップへ