書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784797380866 C0095

あなたをくるしめるははからじゆうになるほん

あなたを苦しめる母から自由になる本 - 母から離れ、自分らしい結婚を手に入れるレッスン

定価(税込) : ¥1,430
表紙 著作者よみ : いしいまれひさ 
著者名 : 石井 希尚 著著書を検索
出版社 : ソフトバンクパブリッシング 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年8月31日
ジャンル : 随筆・エッセー
判型四六判/224頁
恋がうまくいかない理由は、母親との関係にあった。
10年以上、女性の話を聞き続けた人気カウンセラーが悩める女性に贈る、
「母親の呪縛から抜け出し、自由に自分らしい結婚を手に入れるためのヒント。

母親が娘の幸せに影響するというのは昔から心理学者を中心に言われてきたことですが、仕事を持って働く人が多い今の30〜40代女性とその母親世代である50〜60代女性では、特に社会状況が異なることからミスマッチ度が特に高く、悩む人が増えていると言われています。
「女性はこうするのが幸せ」「私の若いころはみんなこうしたもの」という母の願いをかなえようとすればするほど、できない自分を責め、どんどんつらくなっていく…。
本書では、そんな悩める女性に対して「母親の呪縛から抜け出し、自由に自分らしく生きるためのヒント」を教えていただきたいと思います。

目次


序章 人生がうまくいかないのも、結婚できないのも、あなただけのせいじゃない

・多くの人が不完全な親の犠牲者(多くの人が過去の傷、とくに親から受けた傷を背負って生きている)
・環境を選ぶことができない子どもにとって、親は絶対的でほとんど神に等しい大きな存在
・親から与えられる愛情の質が、私たちに影響を与えている
・小さいころ、両親の愛情をしっかり受け取れなかった女子は、思春期でリストカットなどの自傷行為。男子は他者を傷つける傾向が高い

1章 幸せになりたいなら、親の意見を無視しなさい
・すでに30歳を過ぎた大人の女性なのに、いちいち親の顔を思い浮かべてしまい、自分で決めることができない
・一人暮らしも反対され、いまだに実家住まい→心を檻の中に閉じ込められた状態。親の呪縛で自由を奪われている。精神的に自立できていない
・親が過干渉、することなすことに口出しされた結果、成人してからも精神的に「親の奴隷」な人。人は何かの奴隷の状態では幸せになれない。「自分で決める」ことができないと、責任感も育たない。
・親の希望通りに生きなければならないという呪縛にあう人
・言うことを聞かないのが親不幸ではない。親のために生きる必要はない
・誰かのせいにする人生に充足はない
・自分の意思による選択によって、あなたは未来を変えられる

2章 母から離れ、自分らしい結婚を手に入れるレッスン?@〜「母が望む理想の結婚」」の評価から自由になる
・自分らしい恋愛・結婚のための3カ条
?@母の言いなりだった自分を捨てる
?A家庭はみんな選べない。でも、「自分自身」はコントロールできる
?B物理的な距離を取る。一時の混乱よりも後の平和を選ぼう

・母の価値観で生きてきたことに気づこう
・あなたの理想、どこまでが母の希望で、どこが自分の気持ち?
・自分らしく生きる第一歩は、自分の「感情を選ぶ」こと
・人はすべて行動で作られる
・うまくいっている人は良い行動を選択している
【事例】「付き合うときに、母がどう思うかを気にしてしまう…」母親の厳しい監視のもとで生きてきた。行動の細かいことに口出しし、いちいちケチをつけられ、言ったとおりにしないと怒り、罵声を浴びせられる

3章 母から離れ、自分らしい結婚を手に入れるレッスン?A〜「自分の本当の気持ち」に気づく

・不安の8割は本当の不安ではない
・自分の不安の「本当の原因」に気づこう
・毎日、「スイッチ」を入れる練習をしよう
【事例】今まで全部母の言うとおりにしてきたので、本当はどんな人が好きなのか、どんな人を選べばいいのかわからない」

4章 母から離れ、自分らしい結婚を手に入れるレッスン?B〜自分で考え、自分で決断する

・「好き」だけで決めるな!
・「感情」が決める基準になる人生を送ってはいけない
・「感じるままに生きる」のと「感情の奴隷になる」のは違う
・行動の判断基準を作ろう
・ベストパートナーと会うために、自分自身を受け入れよう
【事例】「失敗が怖くて、自分で選んだ人と付き合っていても自信がない。やっぱり母の言うとおりにしたほうが間違いないんじゃないかと思ってしまう」

著者略歴

1965年東京生まれ。牧師、カウンセラー、ミュージシャン、株式会社コミティッド代表。プリマリタルカウンセリング協会理事。91年、ポリドール系のレーベルよりデビュー。93年に渡米し、牧師に。現在、自身の経営するカフェ「KICK BACK CAFE」にて、結婚・恋愛問題を中心にカウンセリングを行う。2000年に出版した処女作『この人と結婚していいの?』が20万部のベストセラーに。ゴスペルシンガーとしても「天国民/HEAVENESE」を率い、日本国内のみならず海外においても活動するほか、セミナー講演など、最愛の妻・久美子と二人三脚で精力的に活動中。

このページのトップへ