書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784416715956 C0030

さなだゆきむら ぎゃくてんのけつだんじゅつ

真田幸村 逆転の決断術 - 相手の心を動かす「義」の思考方法

定価(税込) : ¥1,650
表紙 著作者よみ : のなか ねたろう 
著者名 : 野中 根太郎 著著書を検索
出版社 : 誠文堂新光社 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年10月9日
ジャンル : 社会学
判型四六判/242頁
―大義を掲げよ! 人は必ずついてくる―
 
英傑が下した人生の決断をひも解き、敵をも魅了するその思想背景に迫る。
 
□なぜ関が原の合戦において、親子で敵味方に分かれることを選んだのか? 
□大阪の陣で、形勢不利と知りながらなぜ豊臣についたのか? 
□なぜ家康の再三の誘いを断り、豊臣を裏切らなかったのか? 
 
関が原の合戦や大阪の陣などの大舞台のみならず、10倍の兵力の家康軍を翻弄した第1次上田合戦。
そして六文銭の家紋や真田の赤備えに込められた死の覚悟。
局面局面で幸村の下す決断は、苦境でも筋を通す「義」の思想にあふれている。
 
私たちは、人生のそれぞれのステージにおいて、さまざまな決断を迫られる。
「その決断に大義はあるだろうか?」
そう問いただし、初志を崩さず誰に対しても恥じることのない「義」の判断をする。
自らの信義に忠実なその決断思考が、敵味方の区別なく人の心を動かすのだ。
戦国最強の武将と謳われた幸村の下した数々の決断と、
その背景にある思想や状況を解き明かした本書は、現代に生きる私たち日本人に確かな指針を与えてくれる。

著者略歴

野中 根太郎:早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、国外から日本を見たことや、外国人から日本および日本人への尊敬と絶賛の評価を受けたことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100 変わる力 変える力のつくり方』『品格ある日本人をつくる! 武士道の名言100』『真田幸村の凛とした生き方 志と知恵と仲間力』(すべてアイバス出版)などがある。

このページのトップへ