書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784422115955 C3011

ききのせいきとゆんぐしんりがく

アカデミア叢書 危機の世紀とユング心理学 - 目幸黙僊論考集

定価(税込) : ¥4,950
表紙 著作者よみ : みゆき もくせん 
著者名 : 目幸 黙僊 著著書を検索
森 文彦 編著書を検索
黒木 賢一 編著書を検索
出版社 : 創元社 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年9月17日
ジャンル : 心理一般
判型A5/386頁
河合隼雄とほぼ同時期にチューリッヒのユング研究所でユング派分析家の資格を取得し、米国を拠点に活動してきた宗教学者・心理臨床家の思索と探究の軌跡。仏教をはじめとする東洋的伝統の立場からユング心理学を捉え直し、近年は心身一如の生命の働きを重視する独自の「いのちセラピー」を提唱して未曾有の危機に直面する現代文明の様々な課題に対峙してきた著者の論考を精選して収録する。

目次

目次

著者まえがき
編者まえがき

I ユング心理学入門
第1章 宗教とユング心理学
第2章 「個性化」について

II ユングと仏教
第3章 ユングと仏教――「動く仏教・実践する仏教」
第4章 自己実現の働きとしての如来――「如来を喚んで長老と為す莫れ」

III 法然・親鸞とユング
第5章 鎌倉仏教の念仏行における法然の夢の重要性
第6章 浄土真宗における「悪人」とユング心理学
第7章 坊守――宇宙的慈悲としての本願を象徴する女性像として

IV 自我・わたし・そして「自分」ということ
第8章 女性的なるものの新しい布置――普遍性を求める私の旅路
第9章 自我・わたし・そして「自分」ということ――西洋滞在四十年:より自分自身となる探求の旅
第10章 自我機能の文化的基盤

V 二十一世紀の危機
第11章 混沌氏の術
第12章 世界平和と仏法――自然法爾をもとに

VI いのちセラピー
第13章 全身体的“思考”
第14章 いのち(生命)セラピー試論――東洋の目から見たユングの心理療法
第15章 ユングの心理学におけるからだ――いのちセラピー試論(二)

編者あとがき

著者略歴

目幸黙僊(みゆき・もくせん)1928年大阪生まれ。東京大学でインド哲学を学び、1954年渡米。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で哲学を専攻し、クレアモント大学でPh.Dを取得後、1967年チューリッヒのユング研究所でユング派分析家の資格を取得した。長年、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校で宗教学の教鞭を執りながら、ユング派分析家として臨床実践を続ける。現在、カリフォルニア州立大学名誉教授、ロサンゼルス・ユング研究所名誉アナリスト。主な著書に『仏教とユング心理学』(J.M.スピーゲルマンと共著、春秋社)、『宗教とユング心理学/「個性化」について』(山王出版)などがある。

このページのトップへ