書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784865810097 C0037

じぶんからべんきょうするこのおやがしていること

自分から勉強する子の親がしていること - 1000人の「勉強ぎらい」がこんなに変わった!

定価(税込) : ¥1,540
表紙 著作者よみ : おおつかたかし 
著者名 : 大塚 隆司 著著書を検索
出版社 : さくら舎 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年4月8日
ジャンル : 教育その他
判型四六判/224頁
12歳までわが子にしてあげたい大切なこと。
講演などで著者が必ず受ける質問に「どうしたら子どもが自分で勉強するようになるのですか?」というものがある。自ら学ぶ姿勢を作れるか否かのポイントは、親が勉強時間を「楽しくする」「おもしろくする」コツを教えてあげられるかどうか。親が簡単な働きかけをするだけで、子どもは勉強の時間を「おもしろい」と感じるようになり、自然にやる気を出すようになる。勉強時間に計画性が生まれ、たまった教材もフル活用できるようになり、成績は必ず向上する。
本書では、机に向かわない子どもに悩んでいる親のために、1000人で成功した「勉強のする気を引き出す」、実践可能なコミュニケーション法、関わり方のコツを紹介する。

目次

第1章 まずは「一緒に勉強する」ここからはじめる
第2章 勉強が好きになるための成功体験のつくり方
第3章 自分から勉強する子になれば、成績はかならず上がる

著者略歴

1969年生まれ、愛知県名古屋市出身。大阪教育大学教育学部卒。財団法人生涯学習開発財団認定コーチ、NPO法人ハートフルコミュニケーション ハートフルコーチ、サンタフェNLP/発達心理学協会認定NLPプラクティショナー。コーチング、ファシリテーョン、ブリーフセラピーなどを学び、1000組以上の親子関係を改善へと導く、思春期子育ての専門家。現在は、働く親の味方になるため、各地でワークショップや講演を開催している。著書に『思春期の子が待っている親のひと言』、『マンガでわかる! 思春期の子をやる気にさせる親のひと言』、『思春期の子と心の距離を感じたときにできる大切なこと』(すべて総合法令出版)、『愛され輝く力をはぐくむ女の子の育て方』(メイツ出版)など。

このページのトップへ