書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784794221179 C0095

むかしばなしはなぜおじいさんとおばあさんがしゅやくなのか

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか

定価(税込) : ¥1,650
表紙 著作者よみ : おおつかひかり 
著者名 : 大塚ひかり 著著書を検索
出版社 : 草思社 近刊を見る】【新刊を見る
発売日 : 2015年3月17日
ジャンル : 随筆・エッセー
判型四六判/268頁
「昔話には、なぜ老人が多く登場するのか?」という素朴な疑問を出発点に、全国に残る6万話もの昔話から、古典文学までを徹底分析。昔の老人の知られざる生態が明らかに! 超高齢化社会の今、老齢世代も、これから老人になる人も、古典文学や昔話、民俗学、昔の日本人の歴史・暮らしに興味のある人も、必読。前著『本当はひどかった昔の日本』が話題をよんだ、古典エッセイストの著者が初挑戦した異色の老人論!!

目次

● 昔話に登場する「老人」とは一体何歳くらいか?
● 桃太郎は、爺婆が桃の汁を吸って若返り、交わった結果、誕生!
● 浦島太郎が竜宮城に行った本当の目的は、姫との「性愛」!
● 古典文学には70過ぎの「婚活老人」が頻出!そのわけは?
● 律令が定めた古代の定年は70歳!
● 平安時代の老人は、自傷行為で「極楽往生」をめざした!
● 平安時代は、女は40過ぎてもまだ若い!江戸時代は30でババア扱い!
● なぜ鬼爺とは言わず、「鬼婆」と言うのか?
●「 姥捨て伝説」は本当の話なのか? ……などなど

著者略歴

横浜市生まれ。古典エッセイスト。早稲田大学第一文学部卒。個人全訳『源氏物語』全六巻、『源氏の男はみんなサイテー』『ブス論』『愛とまぐはひの古事記』(以上、ちくま文庫)、『快楽でよみとく古典文学』(小学館)、『本当はひどかった昔の日本』(新潮社)など著書多数。

このページのトップへ