書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784822268923 C2036

ぷらいばしーだいろんそうあなたのでーたおかねにかえてもいいですか

プライバシー大論争 あなたのデータ、「お金」に換えてもいいですか?

定価(税込) : ¥1,760
表紙 著作者よみ : おおまみゅうだ たかし 
著者名 : 大豆生田 崇志 著著書を検索
浅川 直輝 著著書を検索
出版社 : 日経BP社 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2015年1月26日
ジャンル : 社会学
判型四六判/192頁
『10年ぶり個人情報保護法改正へ

プライバシー論争を決着させる』



ベネッセ個人情報漏洩事件、Suica乗降履歴販売騒動、大阪駅ビル実証実験騒動、Tポイント規約変更騒動…。

SNSやIoTを含む最新の情報技術が生み出す膨大なデータ、いわゆるビッグデータの活用が本格化している。

それとともに、データに含まれるプライバシー情報の扱いをめぐり、国内で摩擦が絶えない。

そもそも、プライバシーとは何だろうか。なぜ我々は、「勝手に個人の情報を使われるのは、気持ち悪い」と

感じるのだろうか。2015年には個人情報保護法の改正案が国会に提出される見通しだが、

あるべき保護ルールについて国内の議論が熟したとはいいがたい。



本書は、データプライバシー問題を長年追い続けている日経コンピュータの記者が、同誌やITpro、

関連セミナーでの議論をベースに、大幅に加筆修正を加えて執筆したものだ。

プライバシー問題の論点や個人情報保護法改正のポイント、最新のデータ活用事例を分かりやすく紹介しながら、

データの活用と保護を両立する道を提言する。

目次

【第1章】 なぜ「プライバシー」は保護されるのか

【第2章】 日本のプライバシー事件から保護ルールを読み解く

【第3章】 完全施行から10年ぶりの改正の個人情報保護法とは

【第4章】 「データ立国」になるには

このページのトップへ