書籍検索HOMEへ

検索結果

ISBN:9784272521050 C0021

やすくにのこ

靖国の子 - 教科書・子どもの本にみる靖国神社

定価(税込) : ¥1,760
表紙 著作者よみ : やまなか ひさし 
著者名 : 山中 恒 著著書を検索
出版社 : 大月書店 近刊を見る】【新刊を見る】 【出版社web
発売日 : 2014年12月15日
ジャンル : 日本史(概論・通史・資料)
判型A5/160頁
「靖国の子」とは戦没して靖国神社の神とされた将兵の子弟であり、最も戦う少国民としての役割を負った子どもたちである。絵本、雑誌、写真、綴方、詩、歌、教科書など豊富な資料を基に、「靖国の子」を育てた教育・文化を問う。

目次

はじめに〜「靖国の子」とは
 ?T 絵本・雑誌の靖国記事
 ?U 靖国の子の写真
 ?V 靖国の子の綴り方
 ?W 教科書の靖国神社
 ?X 少国民詩・靖国の神
 ?Y うたわれた靖国神社
 ?Z 物語・靖国の子
 ?[ 児童書の中の靖国
 ?\ 国体の精華・靖国神社
 ?] 日清戦争の英雄
 ?]?T 日露戦争の英雄
 靖国神社の戦後〜あとがきにかえて

著者略歴

1931年生。児童読物作家、ノンフィクション作家。『山中恒児童よみもの選集』で巌谷小波文芸賞、児童文化に対する貢献によりエクソン・モービル児童文化賞受賞。戦中から戦後の学校教育を膨大な資料に基づいて『ボクラ少国民』(1974)にまとめる。他に『新聞は戦争を美化せよ!戦時国家情報機構史』(小学館、2001)、『アジア・太平洋戦争史』(岩波書店、2005)、『戦時児童文学論』(大月書店、2010)、『少国民戦争文化史』(辺境社、2013)など。

このページのトップへ